自衛隊看護師に向かない人はどんな人?

jb

転勤が嫌だという人

自衛隊看護師は自衛隊の一員として働くことになります。勤務先も全国にある自衛隊病院やそれぞれの部隊で、頻繁な転勤が考えられます。

地元など、決まった土地で長く働きたいと考える場合、自衛隊看護師は向いていないと言えるでしょう。

逆に転勤が気にならないのであれば自衛隊看護師はやりがいもあり、公務員ということで収入も安定しますのでメリットも多い職業になります。

≫≫自衛隊看護師に転職するポイントとオススメの転職支援サービスはここ!

病院で働きたいという人

自衛隊看護師も自衛隊病院で働くことはありますが、勤務地はそれだけではありません。各部隊に医療班として配属されることもあり、こうなると病院だけが勤務地とは限らなくなります。

場合によっては国内への災害派遣、海外への人道派遣などもあり、世界中を周って仕事をすることもあります。

1つの病院の中で働きたいと考える場合はこうした自衛隊看護師の働き方が自分には向いていないと感じることもあるでしょう。

また、患者さんも圧倒的に自衛隊員が増え、一般の患者の対応をすることはあまりありません。やはり看護師の中でも特殊な部類になりますので、このあたりをどう考えるかが1つのポイントになってきます。

公務員として扱われる

自衛隊看護師は自衛隊に入隊することになりますので、正式には公務員に該当します。公務員は収入が安定しているというメリットも確かにあるのですが、人によっては公務員になることに抵抗を感じるかもしれません。

特に給料面で見ると階級ごとに給料が決まっていますので、階級が上がっていかなければどんなに優れたスキルを持っていても収入アップを期待することはできません。

自分のスキルを最大限に活かし、それに見合った給料をもらいたいと考えている人にとっては公務員であることが逆にデメリットに感じられる可能性があります。

一般の病院なら階級などもなく、実力に応じた給料を払ってくれるところもありますので看護師として働くうえでどんなことを重視しているのか、これをしっかり考えておきましょう。

≫≫自衛隊看護師に転職するポイントとオススメの転職支援サービスはここ!

人気サイトPICKUP

ナース人材バンク



看護のお仕事



マイナビ看護師





看護師で年収1000万にいくにはこれ!高収入のナース転職のポイント

看護師の年収が高い診療科は?(上位7位)

看護師さんはこんな病院に転職してはいけない!怪しいブラック病院の見分け方

ブランク明けの復職看護師さんにオススメの診療科はどこ?

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ