自衛隊で働く看護師さんの仕事内容はどんなことをするの?

看護士

1.自衛隊看護師の業務内容

1-1.患者は自衛隊の隊員、職員が中心

自衛隊看護師は自衛隊病院で働くのが基本になるため、患者も自然と自衛隊の隊員や職員になります(病院勤務)。

この点は一般的な病院で働く看護師と大きく違う点になりますが、病院内での勤務内容そのものには違いはありません。これまで病院で看護師として働いたことがある方ならすぐに慣れるはずです。

自衛隊病院だから特に怪我への処置が多いというわけでもなく、あくまでもごく普通の病院として考えれば問題ないでしょう。

≫≫自衛隊看護師で働きたい!求人探しで失敗しない、転職を成功させるポイントはこちら!

1-2.衛生隊勤務になると勤務内容も大きく変わる

しかし、病院ではなく部隊勤務になれば、衛生隊の一員として働く機会も出てきます。

この場合は訓練中の負傷者への対応などを中心に、現場での処置を求められることになり、緊急対応の必要も増えてきます。一般病院で例えると救急の看護師に近いでしょうか。

訓練

また、自衛隊看護師としての訓練も受ける必要があり、一般的な看護師とは大きな変化が感じられるでしょう。

とはいえ実際の処置に違いがあるわけではありませんのでその意味では一般的な看護師との違いはないと言えます。

1-3.海外に派遣されるケースも

自衛隊は基本的に武力行使をできませんが、それでも人道支援などを目的に海外に派遣されることがあります。この時、派遣されるのは隊員だけではなく看護師も含まれており、医療班として海外に行く可能性も出てきます。

海外の紛争地などで現地の人を診療する形です。これは一般的な病院で働いているとまず経験しない勤務内容になります。

もちろん海外だけではなく、国内のあらゆる地域に派遣されることもあります。地震などの災害による出動がそうで、これも自衛隊看護師ならではの勤務と言えます。

1-4.まとめ

このように、自衛隊看護師は状況によってあらゆる現場で働くことがあります。自衛隊看護師を目指すならこの点はしっかりと把握しておくべきでしょう。

大変なことも多いのは事実ですが、やりがいのある仕事であることも間違いありません。

≫≫自衛隊看護師で働きたい!求人探しで失敗しない、転職を成功させるポイントはこちら!

2.自衛隊の看護師のやりがいやメリットってどんなこと?

jb2

2-1.より安定した収入を目指す人

自衛隊看護師として働くには自衛隊員になる必要があります。つまり自衛隊看護師は公務員ということになり、安定した収入を見込むことができます。

収入自体は一般の看護師とそれほど大きな違いはないのですが、病院が倒産してしまうという心配がなく、各種手当も充実しているため収入面では大きな魅力があると言えるでしょう。

こうした理由から自衛隊看護師を目指す人は決して少なくありません。自分の能力に見合った給料をもらうのは当然のことですので、待遇の良さを重視するのは普通です。

≫≫自衛隊看護師で働きたい!求人探しで失敗しない、転職を成功させるポイントはこちら!

2-2.海外での仕事に興味がある人

自衛隊看護師は海外派遣の機会があります。紛争地などで人道支援をするのが目的で、こうしたケースでは一般の隊員と一緒に医療班として派遣されることになります。

海外での勤務は自衛隊看護師ならではと言え、海外で働きたい、世界中の患者を救いたいという志を持った人が自衛隊看護師になる場合も多く見られます。

非常にやりがいのある仕事ですので、この点に魅力を感じる人も多いということでしょう。また、自衛隊病院での勤務なら一般の病院勤務とほぼ同じですのでごく普通に看護師として働くために自衛隊看護師を選ぶという人もいます。

2-3.スキルアップを目指す人

看護師はハードの仕事で、スキルアップをしたくてもその時間がないということも珍しくありません。自衛隊看護師も勤務形態による部分があるのですが救急対応をしていないことなどもあり、基本的には落ち着いて仕事をすることができます。そのため勉強する余裕も十分にあり、スキルアップを目指すことが可能です。

自衛隊看護師として働くこと自体が貴重な経験になりますし、自分自身の向上を目指して自衛隊看護師になったという人も多く見られます。自衛隊員としての勉強や訓練などもありますので、さまざまなことを学び、経験できます。これも自衛隊看護師になることのメリットの1つだと言えるでしょうか。

≫≫自衛隊看護師に転職するポイントとオススメの転職支援サービスはここ!

人気サイトPICKUP

ナース人材バンク



ナースフル



マイナビ看護師





看護師で年収1000万にいくにはこれ!高収入のナース転職のポイント

看護師の年収が高い診療科は?(上位7位)

看護師さんはこんな病院に転職してはいけない!怪しいブラック病院の見分け方

ブランク明けの復職看護師さんにオススメの診療科はどこ?

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ