なぜ自衛隊看護師という職種が存在するの?

jb2

一般の看護師ではいけないの?

自衛隊看護師は自衛隊の中で看護師として働く職業で、これは一般の看護師との大きな違いと言えますが、その内容自体は同じです。

であればわざわざ自衛隊看護師という職業を作る必要もないように感じますが、実際にはそうではありません。

自衛隊看護師は自衛隊の隊員の1人として扱われます。つまり立派な自衛官なのです。一般の看護師は自衛官ではなく、これが理由で自衛隊内で働くことができません。そのため自衛隊看護師という職業が必要になってくるわけです。

≫≫自衛隊看護師に転職するポイントとオススメの転職支援サービスはここ!

自衛隊は特殊な組織

自衛隊看護師は自衛隊病院で働くのが基本になり、その患者の多くも自衛隊員です。こうしたことから自衛隊では独自に看護師を養成する機関を設置しており、そこで学んだ看護学生は自衛隊看護師となります。

そうでない看護師でも自衛隊看護師に採用された時点で自衛隊に入隊することになり、つまり自衛隊は自衛隊の職員の中から看護師を用意しなければいけないのです。

だからこそ自衛隊看護師が必要な職業として扱われ、一般の看護師と区別されている仕組みになっています。自衛隊看護師は公務員に該当し、このことからも自衛隊看護師が一般の看護師と違うことがわかります。

海外派遣の可能性

自衛隊で働く以上、場合によっては海外に医療スタッフとして派遣されることもあります。自衛隊が派遣される地域ですから当然危険もあり、それなりのリスクが生じます。

安全に医療活動を行うために訓練や勉強を求められることもあり、こうしたスキルや知識は一般の看護師には求められない部分です。

これも自衛隊看護師が必要になる理由の1つで、やはり自衛隊という職業の特殊さを表しています。

危険の伴う地域で医療活動をするとなれば一般の看護師では対応が難しく、しかも一般の国民を危険に晒すという問題もあります。海外派遣時にだけ他の病院から看護師を借りるといったことができないため自衛隊専属の看護師が必要になるのです。

≫≫自衛隊看護師に転職するポイントとオススメの転職支援サービスはここ!

人気サイトPICKUP

ナース人材バンク



ナースフル



マイナビ看護師





看護師で年収1000万にいくにはこれ!高収入のナース転職のポイント

看護師の年収が高い診療科は?(上位7位)

看護師さんはこんな病院に転職してはいけない!怪しいブラック病院の見分け方

ブランク明けの復職看護師さんにオススメの診療科はどこ?

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ