男性看護師のメリットってなに?仕事現場での役割

「看護の現場での男性看護師のメリット」はふたとおりの面から考えないといけないでしょう。「現場にとってメリットがあるのか」と「男性看護師側にメリットがあるのか」です。

まず、現場にとってのメリットです。これはかなりクローズアップされるようになってきています。

かつてのように精神科のような一部の限られたところではなく、様々な診療科や部署にも必ず1人は男性看護師を交ぜておくような病院が増えています。

期待されているのは……

①女性ばかりの職場特有の人間関係の難しさを解消する

②力仕事や機器の操作など女性が苦手の役割をカバーする

……といったことです。

①にかんしては、「男性看護師がいるだけで、ナースセンターの空気が和む」なんて声まであります。

女性同士だと感情的になりがちな場面もあるでしょう。男性が加わっているだけで、女性看護師らがその人の目を気にしたり、その男性が違う視線からの意見を出してくれたりといったことで、物事がスムーズに運ぶようです。

②にかんしては、患者の体位転換や移乗が典型です。「女性看護師ならば2人がかりになることも多い。でも男性看護師ならば1人で済むからすぐ終わる」といったことです。

「機器の操作」は医療関係のものだけではなく、パソコンまで頼りにされていることも多いようです。「機械と数字が大好きなので大助かり」といわれている男性看護師はたくさんいます。

ただ、これらも行き過ぎると、当の男性看護師の側からは、「力仕事と雑用ばかり回ってくる」なんて嘆きになってしまうようです。

もちろん、男性看護師の側にもメリットがあります。

この不況でも男性看護師は就職に困ることはありません。

男女を問わず看護師は人手不足の上、意図的に男性看護師を増やそうという病院がたくさんあります。

また、「昇進のための条件が男性にはそろっている」ともいいます。

というのは、周りの女性たちは、結婚や出産・育児などでどうしても休職や退職をしてしまいがちです。

男性はそれらが勤務に影響を与えることはほとんどありません。勤続年数は長くなります。また、雇っている側からは、将来を見すえた人事の計画を立てやすいです。

自然と重要なポストにつくことが増えます。当然、それに従って月給・ボーナス・年収・退職金も増えます。

さらには、「周囲は女性ばかりなので、恋愛や結婚の相手には困らない」というのも、冗談や冷やかしではないようです。

これは特に若い男性看護師には重要なことでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ