救急看護師の仕事内容は?

救急で働く看護師さんの業務内容は多岐にわたります。幅広い知識をバランスよく身につけておく必要があります。

1.救急看護の特徴

まず「救急看護」の特徴をしっかり押さえておきましょう。

・必要となる場は、時と場所を選ばない。医療施設以外の場合さえある。

・対象となる患者は、疾病・外傷・中毒・脳血管障害など種類を選ばず、またその重症度も様々。

・その患者自身についてや、疾病・外傷についての情報が少ない。その状況で、迅速に判断、また刻々変わる症状についても即時に対応する必要がある。

・将来の社会復帰まで視野に入れ、心身のダメージを可能な限り抑えるケアが必要になる。

……などが挙げられます。

もちろん、医師らと協力して、これらの役割を果たします。

2.主な職場

主な職場は、「救急医療施設」です。これは患者さんの重症度に応じて、「一次(初期)」「二次」「三次」にわけられています。

また、やや特殊なものとして「フライトナース」があります。緊急時には「災害現場への派遣」も考えられます。

2-1.初期救急医療施設

比較的症状の軽い病気やケガなどの患者さんが運ばれてきます。

「休日夜間救急センター」といったような名前になっています。

2-2.二次救急医療施設

一次で扱う病気やケガに加えて、さらに中程度~重症の患者さんが対象です。

一次との違いは、入院・手術が可能なことです。

2-3.三次救急医療施設

対象は心肺停止・脳卒中・心筋梗塞・広範囲のヤケド・重度の外傷・急性中毒・指肢切断などです。このように、直ちに命の危険があるような患者さんもふくまれます。

「救急救命センター」「高度救急救命センター」「ER(救急救命室)」などの名前が使われることが多いです。

2-4.フライトナース

「ドクターヘリ」に同乗して、病院につくまでの間、救急看護を行います。

このドクターヘリは日本では2001年に初めて導入されました。今(2015年)でも、まだ45機しかありません。

2-5.災害現場への派遣

地震・火事・津波などの災害現場などに急行し、看護活動を行います。

国内だけとは限らず、海外の派遣現場などで活躍する救急看護師もいます。

3.救急処置

どの職場であっても、救急看護師の具体的な仕事として、最も大事なのは救急処置です。

この救急処置には

・心臓や呼吸が止まっている患者の蘇生

・止血

・骨折の応急処理

などがあります。

医師の診察・治療の介助ももちろんあります。これも緊急度が高いだけに、慎重さと素早い判断、的確な連携が求められます。

4.その他

これらに、一般的な看護の仕事である「患者さんの食事やトイレの介助」「ベッドでの体位交換」「体の清潔ケア」などが加わります。

何しろ、列車事故・大規模火災・自然災害なども出番ですから、被災者などが一気に押し寄せる可能性もあります。忙しさの度合いが予想しきれない面があります。

使う医療機器も多く、それらに対する知識だけではなく、移動させる体力・筋力も必要です。

また、看護のかいなく、亡くなってしまう患者さんが多いのも救急看護の特徴です。

精神的にもタフでないと勤まらない職種です。

半面、「看護の効果が比較的短期間で現れる」「命を救う役割を最もストレートに果たしている」ということで、「仕事の充実感・達成感が高い」という特徴もあります。

救急看護師の現場、1日の流れはこれ

1.緊急時

救急看護師さんには「フライトナース」といった働き方や、災害現場への派遣もあります。ですが、これらはかなりの例外だったり、緊急で一時的な役割です。

2.通常時

2-1.救急医療施設

普段の職場としては、「救急医療施設」を考えておけばいいでしょう。

救急医療施設には、手術や入院までは対応していない「一次」、手術・入院も可能な「二次」、重症(重症)患者まで受け入れる「三次」があります。

いずれも24時間365日患者さんを受け入れています。もちろん、看護師も交代勤務でそれに対応しています。看護師さんがいない時は一瞬もありません。

ただ、細かく見ると、その仕事内容や一日の勤務状況は一次~三次で異なってきます。

2-2.二次・三次

ここでは手術・入院もある二次・三次の場合を例に、看護師さんの一日の仕事を挙げてみましょう。

まず、24時間対応ですから、日勤・夜勤があります。

日勤

日勤の場合は出勤は08:00、08:30といった時間帯です。

朝一番には、勤務を終える夜勤の看護師さんからの引き継ぎをします。

自分がいなかった時間帯にも新しい患者さんが運び込まれています。また、以前からいる入院患者もその後の容体を把握しておかなければなりません。

普段詰めている場所は、「ナースステーション」です。

そこから、日勤の看護師らで手分けして

・外来病棟への応援

・入院患者のケア

などに出ていきます。

最も重要な「救急患者への対応」は、いつ始まるかわかりません。看護師や医師たちのスケジュールにはお構いなしです。

来る患者さんの多くは救急車で運ばれてきます。中には自分の足で来ても、様子を見て急きょ、救急対応になることもあります。

何人来るか、人数もわかりません。

症状も、骨折、切り傷、嘔吐、脱水症状など様々です。手足の切断、心肺停止の人までいます。

救急車から下ろしたら、すぐさま処置室に運びます。

救急措置が終わったら、即座にほかの診療科に回し、そこで本格的な手術になるようなことも珍しくありません。

途中に昼食のためなどの休憩時間があり、夕方5時前後まで過ごします。ここで夜勤の看護師さんらが来たら、朝やったのと今度は立場が逆になって、引き継ぎをします。

これで日勤が終わります。

ただし、このような状態ですから、昼食の時間もずれこむこともあります。また、勤務の終了間際に患者さんが飛び込んで来て、「夜勤の人たちでは手が足りない」と思えたら、そのまま居残りもあります。

夜勤

夜勤に入るときは、今度は夕方5時前後から朝8時前後までの勤務になります。

途中、2時間程度の仮眠時間などが設けてあるのが一般的です。

実はこの仮眠時間も労働時間に計算されます。というのは、たとえ仮眠していても、患者が運ばれてきたら、すぐに対応することになります。「休んでいるようでいて、休んでいない」という状態なのです。

このようにとてもハードな職場なので、救急医療施設の中には「夜勤専門」として別に看護師さんを募集するところがふえています。

これで日勤・夜勤の交代勤務の看護師さんの負担を減らすのです。

この夜勤専門を選ぶ看護師側には

・夜勤手当・残業手当がしっかりつくので、勤務時間あたりで考えると割がいい

・自分の場合は、日勤・夜勤が入れ替わりになるよりは、夜勤ばかりの方が体が楽

などの理由があるようです。

すでに看護現場の様子のわかっている中堅の看護師さんならば、選択肢に入れてみてもいいでしょう。

トリアージナース(救急看護師)の仕事内容、役割、資格は?

救急看護師で働く!仕事内容・役割・給料・資格。転職前にわかる業界おまとめ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ