看護師の2 交替制の勤務時間は?メリットとデメリット

2交代制を採用している病院は、最近増えているといわれています。

特に一般内科や消化器科、呼吸器科、循環器科、小児科、外科、リハビリテーション科などは、2交代制の場合が多いです。

看護師の勤務は、一般的に大きく2交代制と3交代制に分かれています。

3交代制について

2交代制というのは、日勤と夜勤の組み合わせによる勤務形態のことをいい、一般的に日勤は8時間、夜勤は16時間勤務になっています。

2交代制の勤務時間は各病院や勤務先で細かくは変わりますが、夜勤は長い時間働く点はどこも同じです。

2交代制の職場を探す時には、事前に知っておきたいポイントがいくつかあります。

まず、その注意点を理解するためには、2交代制のメリットとデメリットを知っておく必要があります。

メリット

この2交代制のメリットは、休日の回数が多いので、プライベートを充実させたり、疲れをゆっくりと取ることができる点です。

また、連休を取ることもできるので、旅行に行ったり、レジャーを楽しむこともできます。

デメリット

一方、デメリットは1回の勤務の労働時間が長く、精神的にも肉体的にも疲れる点です。

日勤の場合も残業をするケースが多いので、必ずしも定時で帰ることができる訳ではありません。

そして、夜勤となると夕方から次の日の朝まで仕事をしないといけないので、精神的、肉体的にも酷く疲れてしまいます。

ただし、それだけ手取りは多くなります。時給も日勤よりは高めになるので、お金が必要という方には人気の高いスタイルです。

これが2交代制のメリットとデメリットなので、しっかりと覚えておきましょう。

もし、2交代制の求人を探している人は、こういったメリットとデメリットを理解した上で、お仕事を探すようにしてください。

そうしないと後から想像していた職場と違うということで、後悔する可能性があります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ