給料が少なくて正看護師になる人がいるのは本当か?

正看護師を目指す准看護師は多い

正看護師と准看護師の給料を比較してみると、1ヶ月の給料で5万円ほどの違いがあります。年間では55万円の差になるわけですからこれは大きな違いと言えます。しかも業務内容はほぼ同じで、負担が同じにも関わらず准看護師の方が給料が少ないというのが現状です。

これは医療業界でも問題視されており、准看護師という立場そのものを無くしてしまおうという動きもあるのですが実現までにはまだまだ時間も必要で、より多くの給料を望んで正看護師になるという方は決して少なくありません。同じ仕事をして今より多くの給料をもらえるのですから当然のことだと言えるでしょう。

准看護師は昇進も期待できない

給料が上がる理由の1つに昇進があります。一般企業なら平社員から課長、部長、といった感じに昇進することで給料がアップしていきます。一方、准看護師には基本的に昇進がありません。上の立場として正看護師がいる以上、准看護師は准看護師でしかないのです。正看護師なら看護師長などのポストがあり、そのポストに昇進できれば給料のアップが見込めます。基本給にも違いがありますが、昇進による給料のアップが期待できるかどうかという違いもあるわけです。これも准看護師が正看護師を目指す理由の1つになっています。

より多くの収入を望むなら正看護師

上記で紹介したように、准看護師と正看護師には2つの面で給料に差が出てきます。看護師として働くうえで何を重視するかは人それぞれで、お金ではなくやりがいや職場の雰囲気などを重視する人もたくさんいます。

ただ、それでも給料はとても重要な要素であることは間違いなく、給料の少なさを理由に正看護師になろうと考える准看護師の数は多くなっています。キャリアアップという意味でも大きな意味があることですので正看護師を目指すことは悪いことではありません。自分の仕事に見合った給料をもらうためにも正看護師になることは1つの選択肢になるでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ