准看護師の平均月収や給料はどれくらい?正看とどれくらい違うの?

准看護師の平均月収は?

准看護師として働く場合、毎月の給料の平均はおよそ28万円というデータがあります。これは年収に換算すると350万円ほどで、時給では1600円ほどになります。看護師の平均月収は33万円ほどですから、准看護師だと5万円ほど少なくなることがわかります。

実際にはこの額にボーナスが追加される場合がありますので実際の収入はもう少し多くなる可能性もありますが、やはり正看護師よりも収入面では少ないと言わざるを得ない状況です。

看護師としてより多くの収入を得るためには正看護師を目指すこと、これが1つのポイントになるでしょう。

給料の幅は広い

上記で平均的な月収などを紹介しましたが、これはあくまでも平均的な数字です。実際に働く病院によって給料は当然違ってきますので、同じ准看護師でも収入にはある程度の差が生じています。

その意味では准看護師として働く時の求人選び、つまりどの病院で働くのか、これが大きな分かれ道になるでしょう。

もちろん給料だけで求人を選ぶのではなく、仕事の内容や職場の雰囲気なども総合的に見て判断しなければなりませんが、准看護師は給料の額が病院ごとに違うため働き先も重要な要素の1つであることは間違いありません。

仕事の内容は正看護師とほとんど変わらない

准看護師は正看護師と比較して若干給料が低いわけですが、かといって正看護師よりも仕事が楽というわけではありません。多くの病院では正看護師も准看護師もほぼ同じ仕事内容になっているのが現状で、それにも関わらず給料が低くなってしまっています。

そのため准看護師という制度そのもの廃止し、看護師はすべて正看護師として働けるようにという声も多いのですが、病院側としては低賃金で労働力を確保できることからなかなか進んでいません。

准看護師として働く場合はこのデメリットについてしっかり検討する必要があるでしょう場合によっては正看護師を目指すという選択肢も出てきます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ