病院勤務と美容外科クリニック勤務の違いはどんなところ?

看護士

美容外科の看護師の勤務には夜勤がない・残業が少ないという特徴があります。

予約制になっていますから、1日に訪れる患者さんの数はクリニックの方で調整できます。

だからといって、残業は全くないわけではありません。たいていは、ゴールデンウイーク、年末年始など、患者さんが休みで、予約が増える時期限定です。

こういったように勤務スケジュールが守りやすい条件がそろっています。忙しい時期さえ避ければ、長期休暇もとりやすいです。

biyou2

接客、販売の仕事があるクリニックも

クリニックによりますが、仕事の内容全般に関しては接客、販売の要素が加わるというのが、一般の病院勤務との最も大きな違いです。

美容外科に来る人たちは、ケガや病気で来ているわけではありません。「より美しくなりたい」ということで来ています。

ですから、美容外科の仕事も「医療」よりは、むしろ「サービス業」に近いものになります。来る人たちも「患者」というよりも、「お客さん」と考えたほうがいいぐらいです。

それで求められるのが、質の高いマナーやコミュニケーション能力です。

もちろん、これらは一般の病院でもある程度は必要だったでしょう。ですが、患者さんたちが一番に必要としているのは、「ケガや病気を治すこと」です。医療の内容さえよければ、少々看護師の愛想が悪くてもガマンしてくれるでしょう。

一方、美容外科の「お客さん」たちは、看護師の「サービス内容」まできっちりチェックしています。

相手次第ではありますが、話し好きな「お客さん」ならば、美容の話題はもちろん、世間話などを付き合うようなこともあるでしょう。

ガーゼを取り換えたり、消毒するときにも、「お取り換えいたします」「拝見します」と一声かけるなど、常に相手を立てるような心配りも必要です。

こういったことを実行することが、勤務上の評価にもつながります。

美容外科によっては、「患者自身が自分を担当する看護師を指名する」というところだってあります。この場合、「その指名の分だけ給料にプラスされる」ことが多いようです。

≫≫美容外科の看護師で働きたい!求人探しで失敗しない、転職を成功させるポイントはこちら!

人気サイトPICKUP

美容外科求人ガイド



美容外科専門の求人サイト。非公開案件が充実!

看護のお仕事



マイナビ看護師





看護師で年収1000万にいくにはこれ!高収入のナース転職のポイント

看護師の年収が高い診療科は?(上位7位)

看護師さんはこんな病院に転職してはいけない!怪しいブラック病院の見分け方

ブランク明けの復職看護師さんにオススメの診療科はどこ?

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ