手術室看護師(オペ看)の仕事内容ってどんなことするの?

0098n

1.手術は大勢が関わるチーム制

手術には大勢のスタッフがかかわります。まず、執刀医・介助医(助手)の医師らです。さらに麻酔医、臨床工学技士、看護師もいます。

大きな手術になると、看護師の人数が増えるのはもちろん、介助医も数人付きます。

これらの人々が、執刀医の指揮のもとに手術を進めていきます。いわゆる「チーム医療」の典型です。看護師もこのチームの中で役割を果たしていきます。

≫≫手術室看護師で働きたい!求人探しで失敗しない、転職を成功させるポイントはこちら!

2.オペ看看護師の2つの仕事

その看護師の役割は「直接介助」と「間接介助」に分かれます。

このふたつは、しっかりと担当が分かれるのが普通です。ひとりの看護師がひとつの手術の中で両方をやることは、まずはありません。

2-1.直接介助(器械出し)

よくテレビドラマの手術シーンなどで、「メス」と言われると、さっと手渡したり、執刀医の汗を横からぬぐったりしているのがこれです。

「直接」とは執刀医や介助医に対してのことです。つまり、医師の横にいて、その手助けをします。

最も重要なのが、手術の進行に合わせて、メス、はさみ、ペアン、コッヘルなどを手渡すことです。

このため、これに当たる看護師やその役割を「器械出し」とも呼びます。

イメージとしては、「はさみ」といわれると、それからはさみを探して拾っているように思われるかもしれません。

ですが、「いわれた時にはすでに手に持っていて、後は差し出すだけ」といったようになっていないと、器械出しは勤まりません。

・器具の扱いは大変

これら機械・器具類は比較的単純な開腹手術でも、数十種類を使います。

例えばはさみだけでも「クーパー」「長クーパー」「メッツェン」「スーパーメッツェン」「直剪(ちょくせん)」などの種類があります。

もちろん、手術の局面ごとに使うものが違います。

ですから、「次に先生(執刀医)はこの作業に移る。だから、長クーパーを取り出しておこう」といったように、看護師自身も手術の進行を理解している必要があります。

・担当する手術が多い

また、手術室は外科手術全般を扱います。診療科の名前でいうと、その病院にもよりますが、消化器外科、泌尿器科、心臓血管外科、脳神経外科、皮膚科、眼科、耳鼻咽喉科、産婦人科などが考えられます。

これらごとに担当する執刀医も違えば、扱う疾病、手術手順、使う機械・器具類も異なります。

それら手術に関することすべてが頭の中に入っている必要があります。

・緊急時に対応

また、手術の内容が予定外のものになったり、急な出血などのトラブルが起きることもあるでしょう。

臨機応変に立ち回る能力も求められます。

この器械出しがスムーズに行くかどうかで、手術時間も変わりますし、医師の集中力にも影響します。

↓手術室看護師の非公開求人が豊富なオススメサイト

2-2.間接介助(外回り)

uu7bn

「直接介助(器械出し)がやる仕事以外すべて」と考えておけばいいでしょう。

また、仕事は手術そのものの前から始まります。

たとえば

・前日までに患者さんと顔合わせして、患者さんのコンディションなどに関する情報を集める

・患者さんと話をして、不安を取り除く

といったこと(術前訪問)も外回りの仕事です。

また

・病棟看護師からの引き継ぎ

・患者さんの入室の時の本人確認

・薬品や医療機器の準備

・室温・湿度の調整

・患者さんの体位の固定、圧迫部位の保護など

・患者さんの体にモニターの端子類を装着する

といった、手術前の用意も外回りの仕事です。

さらに、手術中には

・出血量、尿量等の測定

・無影灯の調整

・切除した部位を器械出しの看護師から受け取り、保存

・手術中の様子の記録

・部分麻酔などで、意識のある患者さんへの言葉かけ

・控室にいる家族との連絡

などの役割をします。

また、予定外の機械・器具類が必要になった時に、それを取りに走るのも外回りの仕事です。

・他部署と連携

こういったように、「病棟」「臨床工学技士」「輸血部」「薬剤部」「病理」といったようなほかの部署との連絡・連携もできる必要があります。

そのため自然と、ベテランの看護師さんが間接介助(外回り)を担当することが多くなるようです。

≫≫手術室看護師で働きたい!求人探しで失敗しない、転職を成功させるポイントはこちら!

人気サイトPICKUP

ナース人材バンク



看護のお仕事



マイナビ看護師





看護師で年収1000万にいくにはこれ!高収入のナース転職のポイント

看護師の年収が高い診療科は?(上位7位)

看護師さんはこんな病院に転職してはいけない!怪しいブラック病院の見分け方

ブランク明けの復職看護師さんにオススメの診療科はどこ?

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ