患者側からみた男性看護師のありがたさ。男性で良かったと思うのはどんな時?

患者が男性看護師に求めること・期待することは、①体力、②性差の2つあります。

①の「体力」は単純に力仕事ですね。

寝たきりの患者さんの体の向きを変えてあげたり、ベッドから運んだりするのに、やはり女性の力では手間取ることもあります。

また、入浴の介助だって同様です。

まだまだ数の少ない男性看護師ですが、診療科でいえば、整形外科、脳神経外科、精神科などでは比較的数が多いです。

これらは患者さんが自力では動けないことが多いためと考えていいでしょう。

また、これら以外の診療科でも、部署によっては男性看護師がよく配属されています。集中治療室、手術室、透析室などです。

ただ、これら体力面での話は、患者さんからの直接のリクエストではなく、それを先回りした病院側の判断でしょう。

患者さん自身が直接、「男性看護師にお願いしたい」ということが多いのは、②の「性差」の方です。

これは具体的には、排出、入浴、清拭などの介助のことです。

男性患者の中には、たとえ看護師であっても女性に、自分の体を見られたり、触られたりすることに、強い羞恥心を持つ人がいます。

立場を変えて、女性患者が男性看護師に対しても同じことです。

やはり、男性同士のほうが羞恥心を感じずに済むようです。

ただ、どうしてもまだ、「看護師は女性」という世間の思い込みは強いようです。

患者さんへの介助にしても、患者さん自身が男女どちらであっても、女性看護師ならば問題にならないのが、男性看護師だと拒否されるようなこともあります。

さらに男性看護師が増え、活躍し、世間の主込みが変わるのを待つしかないでしょう。

≫≫好条件で働きたい!求人探しで失敗しない、非公開求人の見つかる優良サイトはこちら!

人気サイトPICKUP

ナース人材バンク



看護のお仕事



マイナビ看護師





看護師で年収1000万にいくにはこれ!高収入のナース転職のポイント

看護師の年収が高い診療科は?(上位7位)

看護師さんはこんな病院に転職してはいけない!怪しいブラック病院の見分け方

ブランク明けの復職看護師さんにオススメの診療科はどこ?

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ