医務室勤務(企業看護師、産業看護師)に採用される面接のポイント

ppp0r

 

企業看護師(産業看護師、企業内医務室)の面接で合格するポイント

会社の医務室の面接は、病院など医療機関とかなり様子が違ったものになるでしょう。当然、あなたは看護師としてキャリアも強調しなければなりません。

ですが、それ以外にも

①ビジネスマナーが身についている

②その企業についてよく理解している

③その会社での仕事にすぐに対応できる

といったことを示す必要があります。

imusitu2

ビジネスマナーが身についている

「看護師の資格があるので採用される」といっても、普段の仕事はかなり一般の事務職に近いものになります。

相手は患者さんではなく、同僚だったり、上司といった人たちです。しかも医務室とは違う部署です。社外の人も出入りするでしょう。これらの人とも協力して、スムーズに医務室の仕事をすすめなければなりません。

ビジネスマナーをもう少し具体的に言えば、「電話の受け答え」「名刺の交換」といったことです。

「それぐらい簡単」と思う人もいるかもしれません。ですが、はた目から見ると「問題あり」ということも多いのです。

その企業についてよく理解している

これは病院への就職の場合でも必要だったでしょう。

ですが、会社の場合、いろいろな産業や業種が考えられます。「ほかにも会社はあるだろうに、なぜここを選んだのか」といったことを相手に納得させなければなりません。

もし、それができなければ、「この人は採用してもすぐにやめてしまうだろう」なんて印象を持たれかねません。

相手の会社について勉強する「企業研究」も必要です。

その会社での仕事にすぐに対応できる

たとえば、「外資系企業なのに英語が全くダメ」「工場なのに、臨床経験がない。臨床が苦手」「従業員のメンタル面のケアを期待されているのに、話ベタ」といった場合は、大きなマイナスになるでしょう。

逆に保健師など、看護室でカバーする必要のある資格を持っていれば、それを強調しましょう。

企業看護師(産業看護師、企業内医務室)の面接で合格するポイント

≫≫医務室看護師で働きたい!求人探しで失敗しない、転職を成功させるポイントはこちら!

imusitu2

人気サイトPICKUP

マイナビ看護師



看護のお仕事



ナースフル





看護師で年収1000万にいくにはこれ!高収入のナース転職のポイント

看護師の年収が高い診療科は?(上位7位)

看護師さんはこんな病院に転職してはいけない!怪しいブラック病院の見分け方

ブランク明けの復職看護師さんにオススメの診療科はどこ?

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ