大学医務室(保健室)で働く看護師の年収・月収はどれくらい?

800x500大学保健室に転職したら、給料は今(病院勤務など)と比べてどうなるか?という点は気になるところです。

1.給料は下がる?

1-1.一般的

一般的にいって、手取りは下がることが多いです。というのは、夜勤はまったくなく、残業も少ないので、その分のお手当がないからです。

ですが、体は楽です。また、急な呼び出しもありません。「休憩時間が飛んでしまうぐらい、毎日仕事に追われている」という状況もありません。

「決していい給料ではない。だけども、割は悪くない」といったところです。

1-2.雇用形態でいろいろ

ただし、今の時代、大学保健室で採用されている看護師さんの雇用形態は様々です。

どういった身分(雇用形態)で採用されているかで、かなり年収・月収は変わってきます。

≫≫大学の保健室で働きたい!転職成功の人気サイトはこちら

2.正規職員

会社でいえば「正社員」に当たります。特別な事情がない限り、定年まで勤めるのが前提になっています。

「保健室を大学が直接運営」し、しかも「大学に正規職員で採用される」という2つの条件が必要です。

給料は「基本給」プラス「残業代などの各種手当」で計算され、月給制です。

年に2回、ボーナスがあるほか、数年勤めれば退職金が出るのが一般的です。

転職直後の金額でいえば、月給で20~25万円、年収で400万円前後が平均的なところでしょう。

もちろん、その大学ごとの規定や、自身の看護師としてのキャリア、年齢などで違ってきます。

また、福利厚生をフルに受けることができるのが、ほかの雇用形態と比べての大きなメリットです。

通勤のための交通費補助も上限が高いほか、職員住宅や寮が用意されている場合もあります。

住宅手当として、月々3万円以上が出るような大学もあります。住宅手当がない場合に比べて、実質給料が3万円以上高いのと同じようなものです。

3.契約職員・嘱託職員・パートなど

「契約社員」や「パート」などの言葉に決まった定義はありません。

ですから、これらの言葉で募集されていたならば、それぞれに条件をしっかりとチェックしなければなりません。

雇用期間にしても様々です。「1年ごとの更新」「2年までで、更新はなし」など様々なパターンが考えられます。

給料は時間計算が基本です。1,500円から2,000円といったところです。

ボーナスは基本的にありません。運が良ければ、「寸志」などの名目で数万円出ることが考えられる程度です。

福利厚生はほとんど期待できません。職員住宅・寮が利用できないだけではなく、住宅手当もありません。

勤務日や勤務時間は様々なパターンがあります。

「週に5日のフルタイム」と正規職員と変わらないような場合があるかと思えば、「水・木のみ」や「平日の午後のみ」といったものも見られます。

家庭重視のママさんナースならば、まず検討してみる働き方でしょう。

ただし、「水・木のみ」などの条件は自分の方の要望を聞いてもらえることは少なく、たまたま一致している必要があります。

4.そのほか

付属病院があるような大学の場合、保健室も付属病院が管理・運営していることがほとんどです。

保健室担当の看護師は、付属病院から派遣します。

ただし、まれにではありますが、大学病院看護師の募集と一緒にして、保健室担当の看護師の募集が出ることがあります。

月給の計算方法、雇用形態などは、その大学付属病院の規定通りになります。

また、保健室の業務を丸ごと、外部の民間病院に委託する大学も出てきました。

看護師を雇うのも、大学ではなく、その民間病院です。やはり月給の計算方法などは、その病院の規定次第です。

≫≫大学の保健室で働きたい!転職成功の人気サイトはこちら

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ