美容外科の看護師の転職!業務内容は?どんな仕事、ぶっちゃけ実態は?

40001507_35U

美容外科の看護師の仕事内容は、一般の病院の仕事と少し違います。

いってみれば、病院とエステサロンを足して、2で割った内容、といえます。

1.美容外科の業務

美容外科の業務

美容外科で扱う施術内容はそれほど種類がありません。

・脱毛(特に求人数も多いです)。

・豊胸、脂肪吸引、整形(外科手術)。

・ピーリング、プラセンタ注射など(簡単な施術)。

看護師の必要なスキル

010950

比較的、「決まりきったもの」「軽めのもの」が多いので基本的なスキルがあれば採用されます。

脱毛などは、医師は監督するぐらいで、実際には看護師が脱毛器を使って施術をするところがほとんどです。

もちろん、豊胸や脂肪吸引は外科手術で、看護師も立ち会います。こういった場合もありますから、採用には、オペ室勤務の経験のある人のほうが有利です。

また、一般的な病院よりも、雑務が多くなるのが普通です。というのは、看護助手がいません。その分までカバーする必要があります。

気軽なプチ整形もどんどんでてきて、美容外科の利用者は増えているので、看護師のニーズも高まっています。

美容皮膚科は違う?

美容皮膚科クリニックの場合は多少仕事の違いはありますが、大きなポイントは変わりません。

美容皮膚科と美容外科の違いは?仕事内容と、それぞれで働く看護師の適正、どっちが向いている?

2.カウンセリングを看護師がするところも!

クリニックによっては、カウンセリングを任されることがあります。ただ、クリニックの規模の大小で仕事の範囲はかなり変わります。

病院ごとに違う

大手

湘南美容外科では、はじめのカウンセリングは看護師などの医療スタッフではなく、受付事務スタッフがしています。

手術を行う場合は、技術的な内容や使う薬のリスク、などドクターがもちろんカウンセリングをします。

看護師は、施術、医師のサポートなど技術面に専念できます。

小規模

例えば、二子多摩川の美容クリニックは、看護師さんが受付、ドクターがカウンセリング、説明。

他にもいろいろなケースがあります。

看護師が患者さんを複数受け持つ担当者制となるクリニックも。

料金面、日程、同意書のサイン、一般的な起こりうるトラブルの説明などは医師ではなく看護師や事務スタッフが行うところもあります。

つまり、よほどの大きなクリニック以外では(=中小規模のクリニックで働く場合)、看護師は、患者さんに対して説明するために、「どんな種類の施術があるか」「施術の内容はどうなっているか」「完了するまでの期間と費用」といったことまで理解している必要があります。

大手の湘南美容外科の場合

脱毛をクリニックでしたときは、レーザー脱毛をすることで起こりうるトラブル(軽いやけど)や、お肌の注意事項(日焼けせずに日焼け止めを使うこと・・・)の説明は、事務スタッフの女性から受けました。忙しい医者から、簡単に説明を受けるよりはじっくり話が聞けて丁寧で良かったです。

ボトックス注射の場合は、医師が初めに説明します。その後は、事務スタッフが料金面や細かな質問などに対応してくれます。施術中に看護師が医師のサポートをします。

↓美容外科転職の専門サイトなので、大手も小さいところも求人が豊富。他のサイトよりも求人数が多いのでおすすめ。

3.受付や事務仕事も

この点は一般のクリニックと変わりません。

受付や事務仕事を看護師に任せるクリニックも珍しくありません。

患者さんが来院したら、「痛みは出ませんでしたか」「経過はいいようですね」と真っ先に声を掛けるのも、看護師の仕事になります。

また、初めての患者さんならば、医師が診るよりも先に、看護師の方で問診票を作ることにもなるでしょう。

4.総合的な仕事が多くて、やりがいも

 

「看護だけではなく、美しくなりたい患者さんのためのあらゆるサービスをする」というのが、美容外科の看護師さんです。

総合病院のような大規模なところでは、分業されていることも、規模の小さなクリニックでは仕事の幅は広がります。この点から何でも文句も言わずにやってくれるクリニック経験のナースが歓迎されます

スキルの面では、形成外科、整形外科の病棟勤務なら有利になりますが、

働くスタイルの点で美容外科の世界、クリニックのカラーに対応できるかが見られます。

美容に関する相談を持ちかけられることもあります。お医者さんに聞けなかった手術に関する不安なども、看護師さんにならば打ち明ける患者さんもいるでしょう。このように、看護師さんだけで、患者さんと向き合うことが多くなります。

≫≫美容外科看護師への転職で失敗しないポイントとオススメの転職支援サービスはここ!

 

5.メンタルケア

看護士

美容外科の看護師に期待されている仕事のひとつに患者さん(お客さん)の精神面でのサポートがあります。

一般の診療科は医者が説明

病気やケガならば、医者に掛かるかどうかは、そうは迷うことではありません。また、「どうなりたいか」も「治したい」「健康になりたい」ということでシンプルです。

ですから、相談相手はもっぱらお医者さんになるのです。

もちろん一般の病院勤務でも、患者さんを励ましたりすることはあるでしょう。

でも、どちらかというと、患者さんの悩みを聞いたり、相談に乗ったりといったことは、そうは期待されていないはずです。

むしろ、「担当のお医者さんを差し置いて、余計なことをして」なんて思われたでしょう。

 

美容外科ではナースが説得する

ですが、美容外科になると、これこそが大事な仕事になります。

 

美容外科では、患者さんの考えていることはもっと複雑です。

「施術を受けて本当にきれいになれるのか」
「手術が失敗したらどうしよう」
「やめておいたほうがいいのかも」

といったものもあれば

「費用の負担が大変」
「本当はエステサロンなどほかの方法でもいいのではないか」

といったものもあるでしょう。

もし、一般の病院ならば、看護師さんが、患者さんからこういった質問を受けたら、「今度先生に聞いておきますね」で済ませていたかも知れません。

美容外科では通用しません。患者さんの相談に乗り、疑問や不安を解消するのは、主に看護師さんの仕事なのです。

となると、単に「親切な看護師さん」では済みません。施術・手術の内容もきっちりと理解しておかなければなりません。

カウンセラー的な能力だって必要とされます。つまり、相手の本音を正確に理解し、的確な答えを出してあげなければなりません。しかも、相手の心の中を思いやりながらです。

となると、同じ女性としての自分の経験なども必要となってきます。

クリニックによっては、「自分のところの看護師のほとんどが美容のための手術や治療を受けている」というのをセールスポイントにしているようなところもあります。

これも、「患者さんと一緒になって、美容の悩みを考えることができる」というアピールです。志望動機でもこの点を強調すると好反応です。

6.美容外科看護師のメリット・デメリット

young asian doctor in the hospital

6-1.メリット

美容外科でナースとして働くメリットは

①勤務は拘束時間が短い。夜勤・残業が少ない
②給料は高め
③排せつの介助などの汚れ仕事がない
④人の生き死になど、辛い場面に立ち会うことがない
⑤勤務中もおしゃれができるところがある

といったことが挙げられるでしょう。

・夜勤・残業がない

一般の病院に勤める看護師の中には、「夜勤が多くて体調を崩した」「意欲はあっても、激務に体がついていかない」といった人もいるでしょう。

美容外科は24時間体制ではありません。なので夜勤自体がありません。「週休2日で、毎日定時終わり」が普通です。この点はきついこともなく体にも楽で、働きやすい職場といえます。日勤が中心で予定も立てやすいです。

ただし、「週休2日」は土日とは限りません。最近は休日にあえて開けているクリニックも多くなっています。

6-2.デメリット

①看護師本来の仕事以外の部分が多い
②ノルマを課されることがある

③キャリアアップに不向き
④コミュニケーション能力が必要とされる
⑤職場の人間関係が難しい場合がある
⑥容姿が問われる

といったことがあります。

・コミュニケーション能力が必要

「コミュニケーション能力が必要」なのは、美容外科が実態としては医療機関というよりも、サービス業に近いからです。マナーや会話など、患者さん(お客さん)に喜んでもらえるような心配りも必要です。

・ノルマがある

「給料が高め」と「売り上げノルマが課される」は同じことの裏表です。

美容外科の看護師も実際には基本給はそれほど高くありません。インセンティブを採用していて業績に併せて給料がアップする仕組みのところもあります。

ノルマは具体的には、「施術の契約を取る」「化粧品類などの販売」などがあります。これらがうまくいかないと、給料が安いままなだけではなく、クリニック内での立場も悪くなることも・・・。モチベーションアップにつながる人には向いている職場です。

・キャリアアップに不向き

どんどんスキルを身に着けて看護師として成長したいという場合は、不向きな職場です。現場では、最低限の看護師技術でほぼ対応できますが、キャリアアップの道はあまりありません。ほかの同業種のクリニックへ転職する場合は、経験がプラスになりますが、一般診療科や病院に戻ろうと思ったときに美容クリニックでの勤務経験はあまり大きな評価にはならないのが現状です。

・職場の人間関係

「職場の人間関係が難しい」というのは、美容外科クリニックの多くが比較的小規模だからです。大きな病院のように、ほかの科に異動することもありません。

特にノルマが厳しいところなど、同僚同士でギスギスしがちです。

おしゃれなイメージがあるけれど・・・

「勤務中もおしゃれができる」と「容姿が問われる」も同様に裏表です。

美容外科自体が「美しくなる」というのを目的にしているのですから、そこで働く人も美しいことが求められます。

クリニックの方針次第ですが、勤務中のアクセサリーやメイクをむしろ歓迎するところさえあるのもそのためです。面接でも他の病院と違ってメイクは普段しないという人でも、きちんとメイクをして臨むほうがいいでしょう。

ただし、こういったところだと、「定年まで勤めたい」などとても無理です。若い女性看護師さんの職場となりますので、中高年には向いていない職場といえます。


≫≫美容外科看護師への転職で失敗しないポイントとオススメの転職支援サービスはここ!

7.実態は?

a young asian doctor on white background

美容外科の看護師に転職で成功するには、いくつかのポイントを満たしていることが大切です。

もちろん、細かいところはそれぞれのクリニックので変わりますが、大きく共通する点は

①できればオペ室の勤務経験があったほうがいい

②若いこと。40代50代はほぼ無理

③容姿が問われることが多い

④コミュニケーション能力が高い

といった点です。

7-1.手術するのがやっぱりメイン

整形手術がメインの美容外科では脂肪吸引やタトゥー除去、目元切開、たるみ取り、いろいろな箇所の手術があります。なのでオペに慣れている看護師さんはやはり有利です。

ただ、 「オペ室の経験など、採用後でもOK」という考え方のクリニックも中にはあります。通常の流れはだいたい決まっているので、一通りの流れが分かれば後はそれを大きく変える必要はありません。

オペ室経験が少ない、未経験というケースでも、採用してくれるところをしっかり探せば可能性はあります。

ですが、「まれには症状が急変して、臨機応変な動きが必要なこともある。それに備えて、ひと通りのオペ室の経験がある人を優遇する」という募集の方がやっぱり一般的で多いです。
「美容」を提供するところなので、やはりスタッフもきれいでいることが求められます。

一般病院での臨床経験は豊富なほうがいいし、スキルも高いほうが有利です。

美容外科の看護師になるには何が必要?技術スキルはどれくらいあればいい?

7-2.若くて美人はやっぱり有利?

すっぴんで化粧気のない女性は面接でも不利になるので、モデルのような美貌はいりませんが、美容意識、きれいにする姿勢がないと厳しいです。

お客さん(患者さん)からすれば、「美容に興味のない人には相談するのはヤダ」「あそこはやめておこう」と心の中で思うでしょう。

中高年になると、採用されにくいだけではなく、居づらくもなるようです。「ずっとがんばって、ベテランとなり、定年まで」というのは期待しないほうがいいでしょう。

ただ、採用の基準や美人かどうかの基準も各クリニックの先生の好み?で変わります。明らかにビジュアルのいい看護師さんばかりを揃えているところもありますし、そうでないところも。

一方で、手術のサポートが仕事のメインとなる看護師さんは経験豊富なベテランの方はやはり優遇されるので、そうしたスタッフを求めているところを選んで、自分の売りをきちんと伝えることが大切です。

7-3.患者さん=お客様なので接客や対応はきちんとすること

病院によっては、実態としてエステサロンに近いというところもあります。なので接客マナーはやはり大事です。

整形手術は保険が効きません!

なので来院して手術を受ける方は、自分たちのことを「患者」ではなく「私はお客よ!」「高いお金を払ってるのよ」という意識で来る方もいます。

美容クリニックの中には看護師さんがお店の店員さんのように対応するクリニックもあります。

こういうポリシーの病院に勤務した場合は、黙々と看護に励むだけでは済みません。コミュニケーション能力、マナー、身だしなみといった店舗での接客のような姿勢が求められるところもあります。

これらは大手の美容外科ならば、しっかりとした研修制度があります。


≫≫美容外科看護師への転職で失敗しないポイントとオススメの転職支援サービスはここ!

8.モチベーション

attractive asian nurse supporting on white background

美容外科で働く看護師のモチベーションは人それぞれです。

比較的多いのは

①患者さんがきれいになる手助けをすることに、喜びを感じる

②がんばった分だけ、給料がアップする

といったパターンです。

8-1.患者さんがきれいになる手助けが好き

このパターンに多いのは、「自分自身も美容に対して関心が高い」という人たちです。つまり、きれいなものが好き、どうやったら、きれいになれるかな、ということを自分自身でも常に考えているような人です。

そういった人なら、容姿にコンプレックスを感じている人たちが、美容外科を訪れる気持ちも理解できるでしょう。

しかも、一般的な病院のように、医師の手伝いのような存在ではありません。看護師自身が、きれいになるための相談に乗ったり、施術の提案をすることも少なくありません。

中には患者さんにとっての入り口である、カウンセリングまで看護師がやるようなクリニックも少なくありません。担当の看護師を患者自身が選ぶようなところもあります。

ここまで深く患者とかかわれるのは、美容外科ならではでしょう。その患者さんの施術が全部終わった時には、看護師への感謝の言葉もいっそう熱がこもったものになります。

「私が、あの人の助けになった」なんて満足感を覚えるのもこんな時でしょう。

また、仕事を通して、美容に詳しくなれます。もちろん、自分自身がきれいになるのに生かすことができます。

8-2.がんばった分だけ、給料がアップ

これは、「業績給」とか「インセンティブ」と呼ばれる制度があるクリニックの場合です。

たとえば、「カウンセリングの結果、何人を自分のクリニックの患者として契約してもらったか」「どれだけ患者さんに化粧品を販売した」といったことが、お給料に反映するのです。

また、先程申し上げた「担当の看護師を患者が選ぶ」といったことでも、自分が指名されれば、それも業績給にカウントするクリニックもあります。

ただ、こうなると、仕事内容としては看護師というよりも、サービス業・接客業に近くなります。これをモチベーションとできる人と、そうでない人にわかれるようです。

月給の基本給は、高めになっているクリニックが多いですが、年収を大きく伸ばすには、インセンティブがあるところです。

転職の際に給与を比較するときは、この差をきちんと確認しましょう。

美容クリニック勤務の看護師なら年収1000万いくって本当?

≫≫美容外科看護師への転職で失敗しないポイントとオススメの転職支援サービスはここ!

9.やりがい、喜び

看護士

9-1。喜んでくれる

美容外科の看護師のやりがいは、ひとことで言えばお客さんに喜んでもらうこと!です。美容外科は「医療機関」というよりも、むしろ「サービス産業」です。

一般の病院

一般的な病院ならば、患者さんのケガや病気を治してあげることが仕事です。

もちろん、「患者さんに喜んでもらえた」というのは、やりがいになるでしょう。が、それよりももっとシンプルに「ケガや病気を治すのに、自分が役に立った」ということで喜びを感じるはずです。

美容外科

美容外科は、正直に言うと、「やらなくてもいいかもしれないことを、お客さんの希望でやる」というところです。何よりも、お客さんの希望が最優先なのです。

病院の場合、治療が終わった時に、「ありがとう」というのは、患者さんの側です。看護師さんの側からはいうことはないでしょう。いうとすれば、「お疲れさまでした」「治ってよかったね」といった言葉でしょう。

それが、美容外科で治療(施術)が終わった時に、「ありがとうございました」というのは、看護師さんの側です。

つまり、相手は「患者さん」というよりも、むしろ「お客さん」です。看護師さんにすると、「お世話をしてあげた」のではなく、「お世話をさせていただいた」ということになります。

ですから、美容外科の看護師さんの一番のやりがいは

自分を頼りにしてくれた患者さん(お客さん)がきれいになって、大喜びしている姿を見る

というのが、最大の喜びになり、やりがいにもなります。

9-2.美容好きなら楽しい

また、「いつも美容のことを考えていられる」のが楽しいし、やりがいと感じる人もいます。

特に女性ならば、患者さんを美しくするだけではなく、自分自身だって、美しくなりたいですよね。

美容外科にいれば、そこにある美容機器や化粧品なども使うことができます。むしろ、クリニックの方針として積極的に使わせているのが一般的です。

だって、分かっていないと患者さんにもおすすめできないですからね。

自分も美しくなるための努力をし、その結果身についたことを、お客さんにもおすすめするということができるのが、美容外科です。

10.美容外科で働くにはどうしたらいい?転職のコツ

美容外科は看護師さんには華やかな職場として人気の転職先です。一般の病院と違い、夜勤はありませんし、残業も少ないです。給料などの待遇も悪くありません。

ただ、どうしても向き・不向きがあります。実際のところ、クリニックのカラーになじめず最後に挙げた接客スタイルが合わないということで、すぐにやめてしまう看護師さんも・・・。

自分で求人情報を探して応募する場合、希望勤務先の雰囲気や内情はほとんどわかりません。

採用された後に、こんははずでは・・・というのを避けるには、事前にクリニックの業務内容やカラーを知っておく必要があります。

忙しい勤務をしながら、転職先の細かな情報を自分で集めるのはやはり難しいので、看護師専門の転職サイトを利用するのが便利です。たくさんの美容系の病院の内部情報や転職情報も持っているので、コンサルタントが気になる勤務先の雰囲気や、傾向も応募前にきちんと教えてくれます。こだわりポイントがいろいろあっても、きちんと探してくれます。

条件が有利な非公開求人もサイトにはあります。

美容クリニックの看護師さんは実は離職率が高いのですが、転職活動のときにきちんと下調べをしていなかった、病院の実際のところはイメージと違っていたという理由が多いです。

納得いく仕事先を見つけるために上手く求人情報サイトを活用して、クリニックの情報を集めていくことがおすすめです。無料で利用できるので試しに登録しておくだけでも、会員だけしか見ることができないいろいろな美容クリニックや病院の情報を教えてくれます。


≫≫美容外科看護師への転職で失敗しないポイントとオススメの転職支援サービスはここ!

人気サイトPICKUP

美容外科求人ガイド



美容外科専門の求人サイト。非公開案件が充実!

キャリプレ看護師



できて間もない美容外科専門の求人サイト。穴場のサイトなので他のサイトにはない案件も豊富!

看護のお仕事



マイナビ看護師





看護師で年収1000万にいくにはこれ!高収入のナース転職のポイント

看護師の年収が高い診療科は?(上位7位)

看護師さんはこんな病院に転職してはいけない!怪しいブラック病院の見分け方

ブランク明けの復職看護師さんにオススメの診療科はどこ?

併せて読みたい関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ