ブランクがあるけれど精神科の看護師に復職しても大丈夫?

看護士

復職は問題ありません、大丈夫です。

精神科では、特に患者さんとのコミュニケーション能力が必要です。家庭に入っていたり、年齢も重ねて人生経験が豊富な人のほうが上手くやっていけるのでかえって向いていると言えます。

ただし、同じ精神科でも病院ごとに業務内容・職場環境に大差があります。復職先はどこにするかきちんと選ぶようにしましょう。

ブランク明けの看護師さんにオススメの診療科はどこ?

 

先の退職の理由が結婚、出産・育児の人は多いでしょう。復職してもきちんと家庭と両立したい、と考えているのならば、よりいっそうどこの病院に勤務するか細かく調べて「選ぶ」ということが大切です。

1.ママさんナースに向いている精神科

一般的に「ママさんナースに向いている」のは、大きな病院で、その一部門として精神科があるようなところです。

「精神科救急や精神科用の入院施設がない」という小規模の病院なら、さらにいいでしょう。

こういったところの勤務は夜勤がなく、残業もほとんどありません。時間的にも体力的にも楽です。ただし、夜勤手当・残業手当がない分、給料は安めになるのは承知しておきましょう。

2.ブランク明けはいろいろと不安だけど・・・

中には「長く職場を離れていたせいで、現場についていけるかどうか心配」という人もいるでしょう。でも、それほど心配はいりません。

精神科に限らず、どこの病院も今は看護師不足です。「休職中の看護師にどうやって復帰してもらうか」というのは病院側でも大きな課題になっています。

ブランクのある看護師のための手厚い体制を整えているところは少なくありません。復職のナースを積極的に採用しようとしている病院を選べばとても仕事の復帰がしやすくて安心です。

また、病院内の保育所や託児所を設置しているところも増えています。小さい子どもがいても働きやすいように考えてくれているので、この条件もきちんと確認しておきたいところです。

3.結婚していると逆にプラスに

また、家庭に入っていた期間も必ずしもマイナスにはなりません。

というのは、精神科の場合、患者の生活全般にかかわることが多くなります。身の回りの世話をしたり、それが自分でできるように助けたりします。家事炊事掃除などが手際よくできればそれがそのまま強みとなります。

また、コミュニケーション能力もほかの診療科よりも重要です。

こういったノウハウやスキルは、むしろ家庭に入っていたり、それなりの人生経験がある人のほうが向いています。自信を持って臨むようにしましょう。

4.給料重視なら

もし、「家庭よりも仕事重視。給料もしっかり欲しい」という場合は、入院施設のあるような病院や精神科の専門病院も視野に入れましょう。夜勤があれば手当がつくので手取りは多くなります。

この場合も、「復職プログラム」などを用意しているところが安心です。

5.まとめ

望んでいる勤務スタイルはいろいろとあると思いますが、精神科は総じて求人数がたくさんあります。そのため、細かな条件や要望で探しても比較的満足のいく職場が見つかりやすいです。

精神科は設置基準がほかの診療科よりも厳しく、看護師も手厚く配属する必要があります。

さらには、世間の精神病への偏見が少なくなると同時に、精神科での診察を受ける人も増えています。そのためそこで働く看護師さんも数多く求められています。

細かな希望にあった穴場の求人は、一般には出回らない非公開求人から探すのがオススメです。

≫≫精神科への転職に強いオススメの転職支援サービスと採用されるコツはこちら!

seisin2

ブランク明けの看護師さんにオススメの診療科はどこ?

↓精神科の非公開求人が見つけやすいサイトはこちら↓

人気サイトPICKUP

ナース人材バンク



看護のお仕事



マイナビ看護師





看護師で年収1000万にいくにはこれ!高収入のナース転職のポイント

看護師の年収が高い診療科は?(上位7位)

看護師さんはこんな病院に転職してはいけない!怪しいブラック病院の見分け方

ブランク明けの復職看護師さんにオススメの診療科はどこ?

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ