治験のDM(データマネジメント)の仕事ってどう?どこで探すの?

「治験」は、新しい医薬品や医療機器を開発するときの一番最後、実際に患者に使ってみるチェックのことをいいます。

これには医薬品メーカーは当然のこと、病院・医師、被験者(患者)、検査機関、厚生労働省などたくさんの人や組織が関係します。

それらの間に入って調整役をするのが

・「臨床開発モニター(CRA)」(医薬品メーカー側の調整役)

・「治験コーディネーター(CRC)」(病院や患者側の調整役)

です。

この2つは病院での勤務経験が生かせることから、看護師さんの転職先としてとても人気があります。

そして、実はもうひとつ、この治験にかかわり、しかも看護師さんの経験が生かせる仕事があります。

それが「データマネジメント(DM、Data Management)」です。

データマネジメントの仕事内容

DMの仕事内容はひとことでいうと、「治験であがってきたデータの整理」です。といっても、パソコンのキーをたたくだけはありません。

症例報告書(CRF)

まず、このデータは臨床開発モニターが病院や医師の元から回収してきます。

このデータのことを「症例報告書(CRF)」といいます。

その中には、わかりにくい表現だったり、必要なはずの項目が欠けている場合があります。間違いだってあるでしょう。

もし、症例報告書に問題があるようならば、それを指摘するのもデータマネジメントに任せられた仕事です。

それを元に臨床開発モニターは再検査や、症例報告書の書き直しを病院などに依頼することになります。

またこうやって整理したデータは、新薬の認可を申請する際には、厚生労働省に提出されます。どこまでも正確なものでなければなりません。

このように、症例報告書をチェックしただけで、病院内などでどういった治験が行われているのか理解できる人がいいのです。

ですから、看護師、薬剤師、臨床検査技師などの経験者が求められるのです。

データマネジメントのメリット・デメリット

このようにデータマネジメントの仕事は、ほぼ事務的な内容になります。メリット・デメリットもこれに伴うものです。

メリット

まず、メリットとしては、夜勤がない、残業もよほど忙しい時だけです。なので、体は楽でしょう。

勤務日もカレンダー通りです。土日祝が休めるほか、お盆休みや正月休みもその時期にちゃんと取れます。

デメリット

デメリットとしては、しばしば給料が病院勤務時代よりも下がることです。夜勤代がなく、残業代も少ないので、仕方ないですね。

また、パソコン操作に正確さや速さが求められます。

このように看護師時代にはやっていなかったようなスキルや知識も必要になってきます。これにストレスを感じる人もいるでしょう。

また、データマネジメントは看護師としての経験が生きる仕事ではありますが、看護師ではありません。看護師のキャリアとしてはカウントされません。

ですから、「データマネジメントを数年やって、いずれは病院に戻る」というような人は要注意です。この年月は休職していたのと同じような扱いになってしまいます。

どこが雇っているのか

「どこに行けばデータマネジメントの仕事があるのか」です。「雇い主はだれか」ということですね。

かつてはこれは医薬品会社でした。

ですが、今はこの治験自体を医薬品会社がどんどんアウトソーシング(外部委託)しています。「自分のところではやらずに、専門の業者に丸ごと任せてしまう」ということです。

この治験を請け負う業者のことを「受託臨床試験機関」や「医薬品開発業務受託機関」「CRO(Contract Research Organization)」などといいます。

看護師からの転職であれば、このCROの求人で考えるのが一般的です。

≫≫CRC(治験コーディネーター)で働きたい!求人探しで失敗しない、転職を成功させるポイントはこちら!

人気サイトPICKUP

マイナビ看護師



看護のお仕事



ナースフル





看護師で年収1000万にいくにはこれ!高収入のナース転職のポイント

看護師の年収が高い診療科は?(上位7位)

看護師さんはこんな病院に転職してはいけない!怪しいブラック病院の見分け方

ブランク明けの復職看護師さんにオススメの診療科はどこ?

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ