他の職種に比べて看護師の離職率は高いのか低いのか?

看護師は他の職種と比べると、離職率が高い傾向があります。

女性が多い職種のため、家庭状況の変化が起こる結婚や出産、子育て、介護をきっかけにして離職する方が多いです。

離職後は完全に看護師として復職しない方もいますが、落ち着いた頃に復職して看護師の仕事に従事する方がたくさんいます。
職場に問題があって離職した方の場合はすぐに新しい職場を見つけて転職に成功しています。

看護師は離職率が高くても再就職や転職の成功率も高い職種になります。

一般的に看護師の仕事はハードでも、その分年収が高いと認識されていますが、実際に仕事をしている看護師で待遇が良いと考えている方は少ないです。

確かに給与や賞与の金額だけを確認すると他の職種よりも良いですが、患者さんの健康を左右する看護業務は想像以上に激務です。
万が一医療事故を引き起こした場合、担当している患者さんが命を落とす場合も考えられます。
慢性的な疲労感に悩まされ、体調を崩す方も少なくありません。
有給休暇があっても実際には取得が難しく、一日も使わないまま一年が過ぎる方も多いです。
看護業務の専門性や患者さんの看護に対する責任を考えると、もっと待遇が良くてもいいはずだと考え、現在の職場に不満を抱いている方がとても多いです。

看護師が離職に至る理由は様々ですが、良い待遇を用意している職場で仕事に従事できれば、いつまでも仕事を続けたいと思うはずです。

例えば妊娠をきっかけに離職を検討している方の場合、職場が産休や育休をきちんと用意してくれていて、育休明けは職場の保育施設で子供を預かってもらえるなら、安心して看護師として復職できます。

看護師が安心して働ける環境を用意してくれる職場が増えると、全体的な離職率は下がると予想できます。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ