美容皮膚科と美容外科の違いは?仕事内容と、それぞれで働く看護師の適正、どっちが向いている?

看護士

キレイになりたい、美容クリニックを利用する女性が増えてきました。そのため。転職先に美容系の病院を選ぶ看護師さんも増えています。また、求人も多くて売り手市場なのですが、

52a

美容整形外科と美容皮膚科ってっどこが違うのか外からわかりにくい・・・。仕事先を選ぶ際も失敗しないためには、きちんと両者の違いを確認しておきましょう。

 1.オペの有無

ko9

その違いはズバリ、「オペ(手術)があるかないか」です。

手術までせずに、医療のノウハウを使って美容効果を出すのが美容皮膚科、オペ(手術)まで含まれるのが美容外科です。

1-1.美容皮膚科(素肌そのものをきれいに)

レーザーなどを主に使って、脱毛、美肌(ニキビケア、ケミカルピーリング)、若返り、リフトアップなどを行います。ヒアルロン、コラーゲン注射などのプチ整形。

例 タカミクリニック、シロノクリニック

1-2.美容外科(手術で大きく変える)

メスを使って実際に手術をすることで、悩みの部位をきれいに変えていきます。まぶたの二重、豊胸、整形、しわ伸ばし、えら削り、脂肪吸引・・・など。

例 大塚美容形成外科、湘南美容外科

2.両者の違いはあいまい

転職先に、美容系の病院は人気ですが・・・

給料もいいし夜勤もない。楽そうでいいなぁ」と、美容皮膚科や美容外科の「看護師募集」をチェックしている人は多いです。ただ、どっちも同じようなものに見えて違いがよくわからないという声は多いです。

実は、両者の線引きはかなりあいまいです。「美容皮膚科」と看板には書いてあっても、美容外科の範囲までカバーしているような場合もありますし、その逆もあります。両方のサービスを提供しているところも多いです。

それに、「美容クリニック」という名前も多いですが、内実はとても様々です。

ですから、名前だけで判断はしないで、実際にやっている内容を細かく確認することが大事です。大まかに「オペまでやるところ」「オペまではしていないところ」と区別しておくと病院のカラーや内情がイメージしやすくなります。

biyou2

3.看護師の業務内容はどこが違うの?

美容外科

⇒オペをするときのサポート、オペの介助。一般の形成外科に近いです。

美容皮膚科

⇒患者(お客)へ直接レーザーの脱毛施術、ヒアルロン酸やプラセンタ注射をうつ、ビタミン点滴の実施など直接の実務が中心。

看護師が最低限持っておくべきスキルはどちらともに必要になります。正確な技術や腕を問われるのは、まだ新しい診療科である美容皮膚科(2008年の法改正で生まれた)の病院のほうが多いです。

また、患者さんとのやりとりや、きちんとコミュニケーションをとるという点も一般の病院と変わりません。

4.経験が浅い人に向いているのはどっち?

「まだ一般の病院でもそれほど経験を積んでいない」という人が始めやすいのは、美容皮膚科の方です。

直接お客さま(患者さん)と接して施術をしていくことが多いですが、マシンを使うだけということも多く、特別高度なスキルや技術が必要というわけではありません。

「オペ室の経験も十分にある」というキャリアのある中堅クラスの人は美容外科でもそれほど不安はないでしょう。

ただ、採用の条件もそうかというと、ちょっと違います。

これはクリニック毎に採用の基準は大きく違います。実際にオペ室の経験が重視される場合もあれば、「入職してから覚えてくれればいい」と、ほとんど気にしないようなところもあるのが現状です。

5.美容皮膚科の内情は外からは見えない!

現実的に内部事情を自分で調べるのは難しいので、転職サポートなどにお任せするのがやはり効率がいいし、正確です。美容外科や美容皮膚科の情報を豊富に持っていて、転職に強いというところもあるので、上手く活用することで、自分のスキルや希望に合った仕事先がぐっと見つけやすくなります。

≫≫美容系クリニックの求人情報はこちら!

6.エステサロンに近いのはどっち?

美容皮膚科のほうがよりエステティシャンに近いかもしれませんね。一般の病院に比べると、業務内容はどちらであっても、「半分は看護師で、半分はエステティシャンの感覚」という一面はあるといえます。

7.美容系の病院ならかならずあるものは?

また、どちらであっても

①営業までやらされる場合がある。つまり、お客(患者)の獲得です。

②受付やカウンセリングまで看護師の仕事になっている場合がある。

と、業務内容はかなり広い範囲になることが多いです。

また

③年齢制限が厳しい。若いほど歓迎され、40歳くらいではかなり厳しい。

というケースが多いです。「採用されるには見た目もかなり重視される」と覚悟しておいたほうがいいでしょう。

8.まとめ

病院ごとに求められるスキルや仕事の範囲はかなり変わってきますので、一つ一つ興味のある転職先候補の内情を比べてみることは欠かせません。美容皮膚科、美容外科という区分けは、利用する側のお客様(患者さん)もよくわからないと思っている人がほとんど。

そこで働く看護師さんも、いろいろな仕事を振られても対応できるように、心の準備をしてからこの業界への転職活動を進めていった人のほうがスムーズに決まることが多いようです。

≫≫美容外科の看護師で働きたい!求人探しで失敗しない、転職を成功させるポイントはこちら!

人気サイトPICKUP

美容外科求人ガイド



美容外科専門の求人サイト。非公開案件が充実!

キャリプレ看護師



できて間もない美容外科専門の求人サイト。穴場のサイトなので他のサイトにはない案件も豊富!

マイナビ看護師



看護のお仕事





看護師で年収1000万にいくにはこれ!高収入のナース転職のポイント

看護師の年収が高い診療科は?(上位7位)

看護師さんはこんな病院に転職してはいけない!怪しいブラック病院の見分け方

ブランク明けの復職看護師さんにオススメの診療科はどこ?

併せて読みたい関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ