ライフワークMAQIA

電子タバコEMILI(エミリ)が人気!害のないリキッド、ニコチン入りは?

   

dec_photo01

「たばこをやめたいのだけど、やめきれない」という人は、一度は電子タバコに注目をしたことがあるのではないでしょうか。

電子タバコは、リキッド(液体)に熱を加えて水蒸気化し、それを煙の代わりに吸い込むものです。

この電子タバコにもたくさんの種類があって、どれを選んだらいいのか少し迷うところです。そんな中で、安定した人気を保っているのが、emili (エミリ)です。

通販モールの楽天でも、「健康グッズランキング」「禁煙グッズランキング」「電子タバコランキング」などで常に最上位です。

もし、迷っているようならば、このemiliから始めてみてはいかがでしょう。

1.電子タバコとは

1-1.電子タバコの仕組み

プルームテックやiQOS(アイコス)の場合、実際のたばこの葉を使います。それを加熱して成分を揮発させたり、水蒸気を通過させて、たばこの葉に含まれる成分を吸います。これらも、電子タバコと呼ばれることがあります。

ですが、最も狭い意味では、リキッド(液体)を電熱線で加熱して水蒸気にし、それを煙の代わりに吸い込むものをいいます。プルームテックやiQOS(アイコス)としっかり区別するときには、「液体式の電子タバコ」「液体型の電子タバコ」といった言い方もします。

液体式の電子タバコには、たくさんの種類がありますが、基本的な構造は同じです。「バッテリー」「アトマイザー」「マウスピース」の3つのパーツでできています。

コンパクトに作られているものならば、これら3つをつなげても、一般的なたばこ(紙巻きたばこ)1本の大きさと変わりません。逆に、バッテリーの持ちを良くし、リキッドの量を増やすために大型化し、持つと手のひらいっぱいになるものもあります。

・バッテリー

充電式のリチウム電池が使われます。

多くはUSBケーブルから電力を補給します。直接、本体内のバッテリーをそのケーブルから来る電流でそのまま充電するタイプものと、いったんケース内のバッテリーに充電し、本体へはそのケース内のバッテリーから来る電流で充電するタイプがあります。

電力の容量はほぼ大きさに比例します。

また高性能のものになると、ワット数などが変えられるようなものもあります。「ワット管理機能」「温度管理機能」などの名前で呼ばれます。

大電流を流せれば、それだけ加熱能力も高く、その分リキッドを水蒸気化する能力も高いです。もし、「それほど一気に水蒸気を吸い込む必要はない」というのであれば、高い加熱能力も必要はありません。

・アトマイザー

3つのパーツの中でも、本体といっていのがこのアトマイザーです。リキッドをためておくタンクや、そのリキッドを加熱するコイルなどが組み込まれています。

このコイルにも性能が高い・低いがあります。性能の低いものは熱を一定に保つことなどが難しく、その分水蒸気の量が安定しません。

また、このコイルはあまり耐久性がありません。そのため、一定回数使うと、コイルを交換したり、アドマイザー全部を入れ替える必要もあります。

・マウスピース

実際に口に加える部分です。

素材はプラスチック、ステンレスなどの金属、木などがあります。

また、形も様々です。単純な円筒形もあれば、花瓶のようなカーブをつけたものもあります。

1-2.リキッドについて

アトマイザーのタンク部分に補給する液体です。これで電子タバコの味(フレーバー)の部分のかなりが決まります。

様々なものが出ていますが、比較的多いのは、レモン、いちご、桃、マンゴーなどのフルーツ系です。それ以外には、シナモン、バニラ、ミント、メンソール、キャラメル、チョコレートなども人気です。中にはたばこ味というものもあります。

また、これらを組み合わせたものもあります。2つ3つのリキッドを買って、自分でブレンドするような人もいます。

1-3.電子タバコのニコチンについて

日本国内での実店舗で売られているリキッドにはニコチンは入っていません。ニコチンは医薬品の扱いなので、特別な許可が必要なのです。

ただ、個人で輸入し、使うのも自分自身というのならば、今のところ法律には触れません。

また、ネット上などでは、「ニコチン入りリキッド個人輸入代行業者」も見かけます。面倒くさい個人輸入のための手続きを、手数料を支払うことで代わりにやってくれるのです。

ただし、これには色々と問題があります。本来は、あくまで代行するのは個人輸入の手続きだけです。ですが、実際にはこの業者が海外のリキッドメーカーなどから仕入れ、自分が販売元の形になっている場合があります。これははっきりと違法です。

また、違法ではない形で個人輸入したとしても、問題が残ります。「商品の質が低かった」「使ったことで体調不良になった」といったトラブルが起きても、国内には窓口がありません。海外の販売元と直接交渉しなければいけません。

本来は国内に出回らないようにしているものです。国などの対応も十分ではありません。日本のレベルでの安全基準が守られてはいない可能性もあります。

「もし、比較的簡単に手に入る方法を見つけても、安易には手を出さない方がいい」といったところです。

1-4.プルームテック、iQOS(アイコス)の違い

プルームテックやiQOS(アイコス)も電子タバコと呼ばれることはあります。

ですが、仕組みはかなり違います。液体式の電子タバコとの最大の違いは、どちらも実際にたばこの葉を使い、ニコチンなどその成分を吸う点です。

プルームテックの場合は、水蒸気を発生させ、その水蒸気をたばこの葉に通過させます。iQOSの場合は、ペースト(練りもの)状になったたばこの葉を加熱させ、そこから立ち昇る蒸気を吸います。

一般のたばこ(紙巻きたばこ)に比べ、ニコチンは大幅に減り、タールも大幅に減るか全くないとされています。ですが、たばこの害とまったく無縁というわけにはいきません。

一方、液体式の電子タバコであれば、わざわざ個人輸入でもしてニコチン入りリキッドを使わない限り、たばこの有害物質とは無縁です。

2.電子タバコ・emili

2-1.emiliの特徴

先にご紹介したように、電子タバコは様々なタイプ・種類があります。始めてみようにも迷うはずです。

そんな中で、「本体がコンパクトで使いやすい」「コンパクトな割には十分な水蒸気が発生し、吸った実感が持てる」「充電も手間がすくない。充電器まで含めてもコンパクトなので、持ち運びに困らない」といったことで人気の高いのが、emiliです。

商品は充電器を兼ねたケースに、その中に2セット分の本体(バッテリー、アトマイザー、マウスピース)が入っています。

ケースは普通のたばこの箱よりも小さいぐらいです。胸ポケットにもすっぽりと入ります。

本体もたばこ1本とほぼ同じ大きさです。

ケースにもバッテリーが組み込まれています。

(1)USBケーブルをつなぎ、ケースのバッテリーを充電する。空からフル充電まで約3時間。

これで本体へは10回分の充電が可能です。つまり、1本ずつならば10回、2本同時ならば5回充電できます。

(2)ケースに本体をセットする。空からフル充電まで約1時間。

このように充電が2段式になっているのが面倒に見えるかもしれません。ですが、ケースがコンパクトなこともあって、「外にいるときも、ポケットにでも入れておけば自動的に充電が済んでいる」ということです。

しかも、最初から2本入っていますので、充電待ちをすることもまずはありません。

ただし、次のような点で、「やっぱり普通のたばこ(紙巻きたばこ)が恋しい」という声もあります。

・くわえたばこができない

本体はコンパクトなのですが、たばこよりは重いです。また、本体にあるスイッチを押している間だけ、水蒸気が出ます。なので、手を離したままにはなりません。

・リキッドを補充する必要がある

リキッドは別売りになっています。どこの商品であっても、相性の問題はありません。ただし、このリキッドのボトルから、本体内のタンクには自分自身の手作業で入れる必要があります。

けっこう細かい作業になりますので、これが面倒くさいと感じる人もいるようです。

・味やのどこし、香りがものたりない

たばこの葉は使っていませんので、紙巻きたばことの違いがあるのは仕方のないところです。

ただし、「もう少し刺激が欲しい」などと考えるのならば、リキッドの種類を選ぶことでカバーできます。リキッドの中には、「セブンスター」「マルボロ」「メビウス」など、紙巻きたばこの銘柄に近い味や香りにできるだけ近くなるようにしているものもあります。

・コイルの手入れ・交換が必要

使っているうちにコイルの回りやタンクに汚れなどがついてきます。これを掃除しなければいけません。水や消毒用エタノールなどに漬けて汚れを溶かします。

また、コイルは時々は交換することになります。めどは2週間から1か月に1度です。放っておくと、味や匂いが悪くなります。

2-2.emiliを買うには

今のところ実店舗での取り扱いはありません。すべて楽天やアマゾンなどの通販での取り扱いになります。

最初はスターターキットを購入すればいいでしょう。

ケース(充電器兼用)、本体2本、リキッド(5ml)2本などで6,000円台です。

また、「持ち運びはしない。使うのは自宅などの決まった場所」というのであれば、EMILI miniを選んでもいいでしょう。ケースには内蔵バッテリーが組み込まれていないのが違いです。

本体に充電するのに、ケースにセットするのは同じです。この電力は内蔵バッテリーではなく、USBケーブルで直接コンセントなどからとります。

リキッドもほぼ通販限定と考えたほうがよさそうです。味や香り、様々な種類があります。値段も様々ですが、15ミリリットルで1,000円前後のものを標準と考えればいいでしょう。

emiliのタンクの容量は1ミリリットルです。2本同時にフルにしておけば、ほとんどの人は丸1日では吸いきれません。

「リキッド15ミリボトル1本あれば、少々バカバカ吸っても、1週間かそれ以上持つ」といったところです。

禁煙外来おまとめ


人気コンテンツ

9876a 「な、なにこれ」●●を食べただけで即バストアップできた!彼氏がメチャ喜んだ簡単食べる豊胸手術

lop9

9ヵ月0円なんて、ありえる?!お金がなくても始められる超脱毛術

popp

同窓会まで間に合った!30代おばさんでも痩せれた超シンプルなダイエット方法

qaxc3

もう冷めた…と捨てられた女が、自信満々で過ごして狙い通り元カレがすがってきた復縁法のすごい秘密とは

7709p

冴えない薄毛ダメリーマンがいきなりデ●ヘルで本〇率がアップした理由

  関連記事

bitacig2
ビタシグ(VITACIG)を買ってみました。ビタボンと違うのか口コミ。

VITACIG(ビタシグ)という商品が気になって、またまた購入しました。 早速、 …

image-84
ビタスティック(VITASTIK)とビタボン(VITABON)はどこが違うの?

今はビタボンが発売されていて、あえてビタスティックを買おうという人は少ないかもし …

0091h
水蒸気タバコはどれがいい?ニコチン入り無しがわかる比較おまとめ

。   目次水蒸気タバコとはタバコ成分ありタバコ成分がゼロTaEco水 …

2016-10-24-21-28-09
アイコスのニコチンってどうなの?有害なの?

多くの人が「加熱式たばこのiQOS(アイコス)は、普通のたばこに比べ、健康への影 …

2016-08-29 15.39.50
VITABON(ビタボン)を買ってみました。美味しいのか、本音の口コミ評価!

電子タバコがブームですが、その流れで面白そうなビタボンを自分も買ってみました。 …

20160302131958
プルームテック(Ploom TECH)購入すべき?人気のアイコスと比較しました。

  新型タバコ、電子たばこが今大ブームです。話題のアイコスもプルームテ …

icos1
アイコス(iQOS)人気が凄すぎる!購入はどこがいい?売れてる訳を徹底解説おまとめ

目次品薄状態が続いてます①正規の販売店②コンビニで入荷待ちするドン・キホーテで入 …