男性看護師は、どんな仕事のスタイルが現場で求められている?

男性看護師に期待する役割のひとつに……

医師と看護師の橋渡し役

……を挙げる医療関係者がたくさんいます。

「橋渡し役」ではなく、「緩衝材」といった言い方をすることもあります。どちらも同じことを指しているようです。

今現在も少しずつ状況は変化しつつあります。ですが、医師の大半は男性です。看護師の圧倒的多数は女性です。

「男性だから」「女性だから」ということで、両者の間に仕事の上でのやりとりが難しくなっていけないことです。とはいえ、現実にはあります。

「医師にすると、女性看護師ばかりならば、ストレートな言い方を控えていた。今はまずは男性看護師に伝える。互いに助言や意見も言いやすい」ということがあります。

「橋渡し役」というのはこれです。

また、特に看護師側は、従来は女性ばかりの職場でした。それゆえの人間関係の難しさは、よく聞こえてくるところです。

「出産、結婚、転職などで退職する看護師も、それは単なる口実。実際には看護師同士の人間関係が問題になっている」なんて話もあります。

たとえ少数であっても、“女の園”に男性が入ることで、ギスギスした空気が変わることも期待できます。

このばあいは、「男性看護師が職場の中和剤の役割を果たす」といった言い方もします。

また、病院などの経営者側は違う期待もしていることがあります。

男性看護師は、結婚、育児などでの仕事の中断や退職はほとんど考えなくていいでしょう。出産はもちろんありません。

女性看護師に比べ、戦力としての計算がやりやすくなります。

≫≫好条件で働きたい!求人探しで失敗しない、非公開求人の見つかる優良サイトはこちら!

人気サイトPICKUP

ナース人材バンク



ナースフル



マイナビ看護師





看護師で年収1000万にいくにはこれ!高収入のナース転職のポイント

看護師の年収が高い診療科は?(上位7位)

看護師さんはこんな病院に転職してはいけない!怪しいブラック病院の見分け方

ブランク明けの復職看護師さんにオススメの診療科はどこ?

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ