保育園と病院小児科の看護師の仕事内容の違いは?

折り鶴を手に持つ女の子

「子どもが好きだから」という理由で看護師さんになった人って、けっこう多いですよね。小さい子どもって、見ているだけで癒されますから。

中には進学先を決めるときに、「保母さんになるか、看護師さんになるか、最後の最後まで迷った」という人もいます。

こうした人たちが気になるのが、「保育園看護師」でしょう。つまり、「看護師として保育園に勤める」ということです。

1.保育園看護師はまだ新しい

この制度は2007年に始まりました。あまり歴史がありません。若い看護師であっても、「自分が保育園児の時にはそんな人はいなかった」ということになります。

また、いっぺんに広がったわけでもなく、募集は少ない上に、あまり表に出てきません。転職サポートサービスが非公開求人にして扱っていることがほとんどです。

ですから、情報も少ないです。「どんなことをするの?」というのもイメージがわきにくいです。

2.保育園看護師の業務内容

主に次のような内容です。

①園児たちの健康管理

②ケガ・急病の時の応急措置

③健康診断の準備や立ち会い

④職員らへの健康指導に関するアドバイス

⑤保護者ら向けの「保健だより」の作成や、保護者からの健康相談への対応

こうしてみると、病院の小児科やほかの診療科に比べて、事務仕事が多いのが分かります。

看護師らしい仕事は、①~③ですね。

3.小児科との違い

さらにその上で小児科との違いを挙げると

小児科の場合

実際に体調が悪くなってから来る。看護師はその病気の子どもの診察の補助や看護をする。

保育園看護師

予防の方に重点が置かれている。保健師の仕事の範囲までカバーする必要もある。

といったことでしょう。

たとえば、②の「ケガ・急病……」にしても、本当に悪ければ、そのまま病院に送ります。保育園看護師はその後の治療にかかわることはありません。

また、日ごろの子どもたちへの観察も重要な仕事になります。遊んでいるときや食事をしているときの様子を見て、「元気がない」「体調が悪いらしい」「熱っぽいのかも」といったことをいち早く見つけてあげなければなりません。

中にはアレルギーや慢性疾患を持っている子どももいます。こういった子どもたちは特に注意が必要です。

4.経験者向き

このようにカバーする仕事の範囲は広いです。実際に保育園看護師になるのは、小児科などで3~5年の経験を積んでからのほうがいいでしょう。

というのは、ほとんどの保育園で看護師は1人しかいません。半人前の看護師を指導する人がいないのです。

たまに「新卒可」となっているところは、保育園の規模も大きく、複数の看護師がいるところです。

5.残業や夜勤がほとんどない

それと、仕事内容の大きな違いとしては、「(夜間保育をやっている特殊なところを除いて)保育園ならば、夜勤はなく、残業もほとんどない」ということがあります。

小児科で入院設備があるところは、当然、夜勤・残業はあります。しかもPICU(小児集中治療室)などの担当になると、「72時間ルール」が適用されません。「月あたりの夜勤の回数制限もない」ということです。

基本給に大きな違いがなくても、夜勤手当、残業代がない分、月給に差が出るのは承知しておきましょう。

≫≫保育園看護師に転職するポイントとオススメの転職支援サービスはここ!

人気サイトPICKUP

マイナビ看護師



看護のお仕事



ナース人材バンク





看護師で年収1000万にいくにはこれ!高収入のナース転職のポイント

看護師の年収が高い診療科は?(上位7位)

看護師さんはこんな病院に転職してはいけない!怪しいブラック病院の見分け方

ブランク明けの復職看護師さんにオススメの診療科はどこ?

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ