企業看護師とは?なぜ人気が高いの?

ナースとドクター タブレット

病院以外のところで看護師資格を活かして働ける場として企業看護師は人気が高いです。

企業看護師は細かくみるといくつかの職種に分けることができますが、大きく①一般企業で働くもの②治験業界にかかわるものと2つに分けてみることができます

 1.企業看護師は大きく4つ

一般企業系

産業看護師

企業内、工場内、イベント施設の医務室で働く

クリニカルコーディネーター(=フィールドナース)

医療メーカーで営業職で働く

治験関連

治験コーディネーター(CRC)

治験の現場で人の間を取り仕切る

臨床開発モニター(CRA)

治験の現場で監視、チェック

 

2.医務室勤務が一番看護師に近い

一般企業の医務室で働く産業看護師は、働きやすい職場としてとくに人気です。健康診断や健康アドバイス、応急処置など、看護師本来の医療的な業務になります。

それ以外の企業看護師は、現場の交渉や営業など、直接的に患者さんに対処していくことはありません。ですので医療技術を活かすことよりも他の業界に触れてみたい、高収入が欲しい、新しい経験をしたいという希望がある方に人気です。

それぞれを細かく見れば仕事の内容は大きく変わるので、自分の適性にあったもの、高収入や残業の有無などの条件をしっかり考えて転職先を選ぶことが大切です。高収入が得られる臨床開発モニター(CRA)は、残業や出張も多く、家庭との両立は難しいです。

3.企業看護師(産業看護師)はのんびりペースで仕事ができる

企業看護師(産業看護師)の人気の理由を挙げてみると、

①勤務スケジュールが規則的で、一般のOL並

②仕事の内容が激務にはならない

③仕事内容の割には給料は悪くない

④病院勤務のように特殊な世界ではない

といったことが挙げられます。

4.勤務スケジュールが規則的

これが最もよく見られる理由でしょう。

病院勤務、それも入院施設があったり、救急対応をしているところでは24時間体制です。

月に何回も夜勤が入ります。それも日勤と入れ違いになります。これで体調を崩してしまい、「続けたい意欲はあるけれど、体がついていかない」という人も少なくありません。

企業看護師ならば、出勤は8時半や9時です。退社も報告書作成などが立て込むようなことでもない限り定時です。ほとんどのところで土日が休みです。しかも、お盆や正月もカレンダー通りに休めます。

これまでならばあきらめていた、ほかの業界の人との付き合いもやりやすくなるでしょう。

5.仕事が激務ではない

ここに惹かれる人は最近特に多いようです。

どこの病院も慢性的な人手不足です。だれかが辞めでもしたら、後任もなかなか見つかりません。さらに忙しくなり、それに耐え切れず、まただれかが辞める・・・という悪循環さえ起きています。

また病院ならば、患者さんの下の世話をしたり、生き死にに立ち会うようなこともあります。これが精神的につらいような人もいます。

企業看護師ならば、仕事の多くが事務作業です。体力的にも精神的にも厳しくなるようなことはありません。

6.給料は悪くない

「企業看護師の仕事は魅力的なのだけど、給料が安いのが唯一の欠点」というイメージが一般的です。

ですが、勤務時間が短いこと、夜勤がなく残業も少ないこと、激務にならないことを考えると、「割は悪くない」とも言えます。

もうひとつ見落としてはいけないことがあります。医務室を作り、企業看護師を置くようなところは、いずれも大企業、優良企業といいう点です。

こういったところは福利厚生が充実しています。社宅に格安で入れたり、住宅手当がたっぷり出るようなところもあります。社員食堂が使えれば、ランチ代も少なくて済みます。

こういった面に目を向けた人には、「出費が少なくて済む。給料がプラスアルファされたのと同様」と映ります。

7.病院勤務はやっぱり少し特殊

これは気になる人とそうでない人それぞれでしょう。

企業看護師には、電話の受け答えや、名刺の渡し方、社内外のほかの部門の人との連絡調整の能力も必要です。

こういった一般の社会人や組織人としてのマナーは、病院のような狭い世界にいるとなかなか身につかないものです。

≫≫企業看護師で働きたい!求人探しで失敗しない、転職を成功させるポイントはこちら!

 

kigyo2

人気サイトPICKUP

マイナビ看護師



看護のお仕事



ナースフル





看護師で年収1000万にいくにはこれ!高収入のナース転職のポイント

看護師の年収が高い診療科は?(上位7位)

看護師さんはこんな病院に転職してはいけない!怪しいブラック病院の見分け方

ブランク明けの復職看護師さんにオススメの診療科はどこ?

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ