外資系企業で企業看護師で働くには?英語力は欠かせない?

Brain surgeon who has been conference

外資系の会社に企業看護師で働くには、やはり英語はできることが有利になります。

企業看護師になるのに、かならずしも必要ではありません。だけど、あれば応募先を増やせるし、採用に有利にもなります。

kigyo2

国内の日本企業でも英語は武器になる!

「外資系企業ならば、ありそうなことだ」と考えるでしょう。ですが、国内の一般的な企業も同じような状況です。

というのは、「医務室を社内に作って、看護師を常勤させる」というのは、どこも大手の企業ばかりです。それ以外では、製鉄、機会組み立て、薬品など危険と隣り合わせの工場ぐらいです。

大手の企業は予想外に国際化が進んでいます。元々は日本企業と思っていたようなところでも、内容的には外資系と変わらないようなところがほとんどです。

社員に外国人がたくさんいたり、外国人の訪問者が多いだけではありません。

「社内公用語は英語」としているようなところさえあります。日本人社員同士でも英語で話すことが義務付けられているのです。楽天やユニクロが有名です。

こういったところではやはり、医務室の看護師だって英語が避けて通れません。最低でも簡単な日常会話ぐらいはできるようにしておいたほうがいいでしょう。

また、

企業看護師の勤務先はなにも医務室だけではありません。治験コーディネーターやクリニカルコーディネーターのように、製薬会社や医療機器メーカーに勤務するパターンもあります。

⇒ クリニカルコーディネーターの詳細はこちら

⇒ 治験コーディネーターの詳細はこちら

こういったところではしばしば取引先や交渉相手が、海外企業になります。

また、資料を集めるにしても、英語でしか手に入らない場合も少なくありません。何しろ、最先端の情報が行き交っている業界ですから。

こういったところでは、「TOEICが850点以上」などと特に高い英語力を条件にしているようなところもあります。これは「英語を母国語にしている人とほとんど変わらない」というレベルです。

ただ、「そういうところもある」ということです。それに英語だけが採用のチェックポイントになるわけではありません。

最初にいったように、全く英語ができなくても、応募でき、採用されるところも、もちろんあります。

≫≫企業看護師で働きたい!求人探しで失敗しない、転職を成功させるポイントはこちら!

kigyo2

人気サイトPICKUP

マイナビ看護師



看護のお仕事



ナース人材バンク





看護師で年収1000万にいくにはこれ!高収入のナース転職のポイント

看護師の年収が高い診療科は?(上位7位)

看護師さんはこんな病院に転職してはいけない!怪しいブラック病院の見分け方

ブランク明けの復職看護師さんにオススメの診療科はどこ?

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ