夜勤の看護師の実情は?体調管理、待遇改善について

指差す・ナース

夜勤というと、まだ経験したことのない人は、漠然と「夜中にずっと仕事をしている」ぐらいにしか思っていないでしょう。確認のためにお話しておきますね。

まず、看護師が夜勤をする場合、①二交代と②三交代のパターンがあります。

1.二交代の場合

最もよくあるのは「日勤は8:30~17:30。夜勤は16:30~9:00」といった形です。

日勤は短くて済みますが、夜勤は16時間や17時間の勤務になります。この間に2時間ぐらいの仮眠があるのが一般的です。でも、この仮眠の間にもナースコールがあると、患者さんの元に駆けつけなければなりません。

この場合、夜勤は月に4回までと法律で決まっています。

2.三交代の場合

「日勤が8:30~17:30、準夜勤が16:30~25:30、深夜勤が0:30~9:00」といったかたちです。

二交代と比べて、夜勤の時間が半分程度になります。そのかわり、回数が多くなります。「8時間勤務して、次の勤務まで8時間しかないので、もう家に帰らずにそのまま病院で仮眠する」といった看護師さんもいるようです。

法律では準夜勤・深夜勤は合わせて月に9回までとなっています。

3.どっちが楽なの?

考える女性

「①の二交代と②の三交代のどちらが楽か」はいろいろ意見があって、簡単に答えが出せないところです。

入院設備のないクリニックなどに勤務するか、入院対応をしていても「日勤専門」とか特別な扱いをしてもらわない限り、避けて通れないのがこの夜勤です。

ベテランの看護師さんも「いくらやっても夜勤だけは体がなれない」なんてよくこぼします。

体調管理が難しい

体調管理が難しいのは確かです。元々人間が持っている体のリズムは、「昼間働いて、夜寝る」です。それに逆らうようなことをしているのです。

しかも、日勤と夜勤が交互に入ることで、常に「時差ボケ」のような状態にもなります。睡眠障害は当然のこと、疲労はたまりますし、免疫力が落ちたり、循環器系の病気にもなりやすいことがわかっています。

人手不足

また、もうひとつ問題があるのは、「人手不足」です。今の時代、多くの病院が少ない人数で夜勤を回しています。「目の回る忙しさ。仮眠も休憩も取れない」というところも珍しくありません。

「1人辞めたせいで、さらに忙しくなる。それでまた辞める看護師が出る」といった悪循環だって聞かれます。

救急病院

一般的に大変なのは救急病院です。逆が慢性期病棟や介護施設です。

夜勤手当

ただ、夜勤をすると、当然夜勤手当が出ます。また16時間、17時間働くと、残業手当も出ます。これを魅力に感じている人がいるのも事実です。

これらの手当ては「夜勤手当は最低でも通常の給料に25パーセント増し」など法律でも決まっています。ですが、それ以上の分は病院ごとの判断です。

実際に働き始めた後に、アップしてもらうなど、待遇を改善してもらうことは困難です。ですから、転職の際に、「しっかりと夜勤手当、残業手当が出るところ」と病院を選んでおくほうが現実的です。

≫≫好条件で働きたい!求人探しで失敗しない、非公開求人の見つかる優良サイトはこちら!

 

夜勤専従看護師で働く!仕事内容・役割・給与。転職前にわかる業界おまとめ

人気サイトPICKUP

ナース人材バンク



ナースフル



マイナビ看護師





看護師で年収1000万にいくにはこれ!高収入のナース転職のポイント

看護師の年収が高い診療科は?(上位7位)

看護師さんはこんな病院に転職してはいけない!怪しいブラック病院の見分け方

ブランク明けの復職看護師さんにオススメの診療科はどこ?

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ