夜勤専従看護師の仕事ってきつい?給与・待遇・健康管理。

看護士

 

1.実は夜勤専従はメリットが多い

「できることならば、夜勤は避けたい」というのが多くの看護師の本音ですよね。

昼に寝て、夜に働くなんて、人間本来の姿じゃないですものね。疲労もどんどんたまります。

ですが、逆に「夜勤専従の看護師でいく」というのも、そうは悪い考えではありません。メリットもいろいろとあります。

2.給料がいいのはやっぱり魅力

最大のものは、「給料の割がいい」という点です。

夜勤手当がつきます。また、特に二交代の場合、16時間や17時間の長時間勤務になりますので、残業手当もしっかりとつきます。

「日勤で同じ長さの時間働くのと比べると、このほうがはるかに割がいい」のです。

それに最近はどこの病院も看護師不足です。特に、夜勤をやる人が見つかりません。なので、給料での条件を良くして、少しでも応募者を増やすようにしています。夜勤手当などはさらに好条件で上乗せされることが多いです。

3.意外なようで生活のリズムは崩れにくい

もうひとつあるメリットが、「日勤と交互にならない」こと。

一般的な夜勤が苦痛になる理由の一つがこれです。日勤と夜勤が交互で来ると体調を崩してしまい、仕事を続けられなくなってしまった・・・という看護師さんも相当数います。

「夜働くのだったら、夜ばかりずっとやったほうが体が慣れる」ため、体の体調も崩れにくくなります。

また、二交代での夜勤の場合、「1回出勤して2日分働く」といった感じなので、通勤の回数と時間もその分少なくなります。

そのため自由にできる時間がたっぷりとできます。ですから、趣味や勉強のために時間が欲しいという人が、けっこうこの夜勤専従になっています。

4.子供がいるママさんナースにも人気

また、意外にもママさんナースにも夜勤専従を選ぶ人がいます。工夫すれば、子育てや夜勤もこの方がやりやすいようです。

夜勤には二交代以外に三交代のパターンもあります。

ママさんナースの中にはこの三交代のところを選ぶ人もいます。さらに、比較的体調管理が容易で、家事などもやりやすい、準夜勤(夕方から0時前後まで)に限定して働いているような人もいます。

これもやはり、人手不足ということもあって、看護師側の希望が通りやすいようです。

ただし、職場ごとの違いも大きいので、職を探す場合は事前の情報収集は大事です。ただ、これを個人でやるのは大変です。転職サポートなどにお任せするのが現実的な手段でしょう。

5.夜勤専従の実態はかなりキツイ?

夜勤専従を募集しているところには、救急外来、老人ホーム、入院病棟などがあります。

こういった中には、本当に忙しくて、仮眠はおろか、休憩だってろくに取れないようなところもあります。特に目立って高給な職場は人が続かない=激務というケースが多いので、自分の体力をよく見極めて転職する必要があります。

お金のために割り切って働くか、それとも自分の体優先で緩やかな職場を探すか、自分の考えもしっかり考えておくことが大切です。

≫≫好条件で働きたい!求人探しで失敗しない、非公開求人の見つかる優良サイトはこちら!

夜勤専従看護師で働く!仕事内容・役割・給与。転職前にわかる業界おまとめ

人気サイトPICKUP

ナース人材バンク



ナースフル



マイナビ看護師





看護師で年収1000万にいくにはこれ!高収入のナース転職のポイント

看護師の年収が高い診療科は?(上位7位)

看護師さんはこんな病院に転職してはいけない!怪しいブラック病院の見分け方

ブランク明けの復職看護師さんにオススメの診療科はどこ?

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ