病院での面接でよくある質問と解答には何がある?

病院の面接ではどんな質問をされるのだろう?、またどのように解答すればいいのだろう?。 これから病院の面接を受ける方はこの点が気になるところです。

そこで今回は、病院の面接でよくある質問例と解答例について調べてみました。

志望理由を聞かせてください

病院の面接でよくある質問といえば、「この病院の面接を受けたいと思った志望理由を聞かせてください」です。 この質問をすることによって応募者が病院の気風にマッチするか、また病院の特徴について理解しているかが分かるので、多くの病院でこの質問がなされます。

この質問に対する解答例としては、

「この病院を見学させていただき、自分のスキルや経験が生かせると思ったからです」や、

「この病院の看護師のみなさんの勤務態度の素晴らしさに感動し、自分もここで働きたいと思ったからです」といったものがあります。

望ましくない解答例としては、「ここは夜勤がないからです」や「ここなら通勤時間が短くてすむからです」といったものです。

前の病院を辞めた理由をお聞かせください

看護師転職を行う人の中には次から次へと勤務先を変えたり、前の病院でトラブルを抱えていた人もいるので、そうしたことが無いかを確認するため、病院の面接担当者は「前の病院を辞めた理由をお聞かせください」という質問も行います。

これに対する望ましい解答例としては、

「前の病院も素晴らしかったのですが、こちらの病院に入ればさらに多くのことを学ぶことができスキルアップもできると判断しました。 そのため前の病院を辞めてこちらに応募させていただきました」とか、

「夫がこちらの街に転勤することになり、前の病院を辞めさせていただくことになりました。 そのまま専業主婦になろうかとも思いましたが、こちらの病院の求人情報を見て自分の経験が十分に生かせる職場だと思って、応募させていただきました」

などがあります。

NGの解答例としては「前の病院が最悪だったので辞めました。ここなら安心だと思い応募しました」のように、ネガティブな表現が入った解答です。

看護師としての職務経験を教えてください

病院の面接では書類として提出する職務経歴書に嘘の記載がないかをチェックするため、面接で「これまでの経験を教えてください」と質問することがあります。

これはもちろん看護師としての職務経歴を尋ねているわけですが、これに対する望ましい解答例としては、

「これまで3年間、総合病院の小児科に勤務しました。 最初に入職したときから辞めるまでずっと小児科での看護業務に従事し、その間、先輩方の指導を受けながら多くの小児科の患者さんに対応させていただきました。」

一方、NGの解答例は、「仕事で辛いことがあったときは、必ずカラオケに行って気持ちを発散させていました。 そうすることで看護師としてのモチベーションを維持することができました」のように、職務経歴に関係のない経験を述べることです。

残業や夜勤がありますが大丈夫ですか?

残業や夜勤がある病院に転職する場合は、面接でほぼ確実に「残業や夜勤がありますが大丈夫ですか?」と質問されます。

これに対する模範的な解答例には、

「平日は大丈夫ですが、土日の夜勤は対応できません」や

「残業には対応したいと思っておりますが、残業の平均時間を教えていただけますか?」という内容も良いですね。

逆にNGな解答例は、「(詳細を聞かずに)はい、できます」と即答することです。 残業・夜勤に対応できると答えることはOKですが、面接をクリアするために詳細を聞かずに「できます」と答えるのはNGです。

病院での面接のポイントとなる試験時に守りたいマナー

簡単そうで意外に難しいのが、病院での面接です。 今回は、看護師転職を成功させるために守りたい面接のマナーについてまとめました。 これから面接を控えている方は、どうぞここをチェックしておいてください。

服装に注意する

病院で面接を受けるときは、くれぐれも着用する服装に注意してください。 まず担当者の印象を良くできる服装は、清潔感のあるスーツかジャケットです。

下はスカートでもパンツでも構いませんが、色はできるだけ暗めの色で、黒やグレーにしてください。 一方、シャツは清潔感を与える白にするのが無難でしょう。

他に服装に関連した注意点としてはブレスレットやピアスなどのアクセサリーを身につけないことですね。 また腕時計の装着はOKですが、面接にふさわしいものを選ぶこと、そしてバッグは服装に合ったものを選ぶようにしてください。

挨拶や言葉遣い

病院での面接では、挨拶の仕方や言葉遣いにも気をつけなければなりません。 普段使い慣れている言葉で構わないと思うかもしれませんが、馴れ馴れしい言葉遣いや極端に砕けた表現はマナーとしてふさわしくありません。

受け答えは必ず「です・ます」口調を使い、抑揚は極端な波が発生しないよう安定させてください。

一方、最初と最後の挨拶は、明るく元気な口調で言葉を発するようにしましょう。 面接官から親しく話しかけられても、それに釣られてタメ口になったりしないよう注意してください。

お辞儀の仕方

病院の面接室に入ったら、最初に挨拶とお辞儀をしますが、お辞儀についても守りたいマナーがあります。 それはしっかりと背筋を伸ばした状態から、30度の角度を目安に上体を曲げるということです。

ここでのポイントは3つ、背筋を伸ばすこと、30度まで上体を曲げること、そして首だけでなく腰から上体を曲げることです。

よくある失敗は、お辞儀をするときに首だけを曲げることですが、このお辞儀の仕方はNGです。 ちゃんと腰から首までを一体にして曲げるようにしてください。 またお辞儀は最初の挨拶を言い終えてから行うようにしましょう。

座り方のマナー

挨拶とお辞儀がすんだら椅子に座りますが、椅子の座り方で守っておきたいマナーもあります。 それは両足を揃え、背筋を伸ばし、手を重ねて膝に置いた状態で座ることです。

これは練習すればすぐに身につけられるマナーですが、時間が経過してくるとこの姿勢が徐々に崩れ可能性があるので、最初の姿勢が最後まで崩れないよう注意してください。

なお、座るときは自分のタイミングで座るのではなく、担当者から「お掛けください」言われてから座るようにましょう。 バッグを携帯してきた場合は、それを足元に置くようにしてください。

人気サイトPICKUP

ナース人材バンク



ナースフル



マイナビ看護師





看護師で年収1000万にいくにはこれ!高収入のナース転職のポイント

看護師の年収が高い診療科は?(上位7位)

看護師さんはこんな病院に転職してはいけない!怪しいブラック病院の見分け方

ブランク明けの復職看護師さんにオススメの診療科はどこ?

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ