これだけは押さえておきたい看護師転職活動の失敗例について

病院が変わるといってもやることは今と同じだから、業務内容で苦労することはないだろう。
こんな風にタカをくくって気軽に転職を行い、結果的に転職先の業務内容が自分に合わなくて失敗する人もいます。

転職先の業務が自分に合わなかったことが原因

これは情報収集を怠った報いとしての典型ですが、看護師転職の失敗例として覚えておきましょう。

確かに全体で見れば、どこの病院に移っても看護師としてやるべき仕事は概ね似たようなものです。
しかし細かい部分においては病院によってやることが違ってきます。
その中にはこれまで経験したことのない業務も含まれているかもしれませんが、それが自分に向いてないものであれば、転職者は仕事を覚える段階から苦労することになります。

看護師転職を希望している方は、この点を覚えておいてください。

通勤時間が倍になった

看護師転職するとき収入面や福利厚生の充実ばかりに注目して、自宅から転職先までの通勤時間をちゃんと把握していない人もいます。
そういう人の中には通勤時間が倍になって、朝はかなり早く、夜はかなり遅く帰宅する羽目に陥る人もいます。

なぜそうなったかといえば、転職先がこれまでよりも遠いところにあり、なおかつ通勤時間が長くなることをちゃんと調べておかなかったからです。
収入が倍になったり福利厚生が充実していると聞けば、それだけでOKしてしまうかもしれません。
通勤時間の長さも快適な生活を送るうえで重要な要素なので応募する前に必ず調べておきましょう。

転職先の人間関係が最悪だった

看護師転職ではこんな失敗例もあります・・。

それは転職先の人間関係が最悪で陰湿な人も多いため、希望を持って転職したのに、逆に息苦しい日々を強いられることになったというものです。
これも事前の情報収集の甘さが原因の失敗例ですが、表面はアットホームで仲が良さそうに見えても、実際には人間関係が悪いということもよくあります。
看護師によっては、今の職場でイジメに耐えかねて別の病院に転職したのに、転職先のほうがもっと悪くて前よりひどいイジメを受けるようになったという事例もあります。

こうしたことを考えると、看護師転職するときは、上辺以上の情報を収集しておくことが大切です。

転職してすぐに妊娠発覚

最後にもう一つ、転職前には妊娠しておらず転職してからすぐ妊娠が発覚したという人もいます。
これも看護師転職の失敗例の一つです。

何が失敗かというと、転職してからすぐの人は、妊娠しても産休・育休が取れないことがあるからです。
というのは多くの病院において、勤続年数1年以上にならなければ産休・育休が取れないとしているのです。

もし転職先がこの制度を実施していれば、転職してすぐ妊娠が発覚した人は1年以上手当てや支援が受けられないまま出産に対応しなければならなくなります。

これも難しい問題ですが看護師転職でよくある失敗例の一つなので覚えておきましょう。

人気サイトPICKUP

ナース人材バンク



ナースフル



マイナビ看護師





看護師で年収1000万にいくにはこれ!高収入のナース転職のポイント

看護師の年収が高い診療科は?(上位7位)

看護師さんはこんな病院に転職してはいけない!怪しいブラック病院の見分け方

ブランク明けの復職看護師さんにオススメの診療科はどこ?

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ