なぜ精神科に男性看護師が多いの?男手が必要とされる現場

近年、どの診療科でも男性看護師の比率が増えつつあります。

そんな中で、以前から、もっとも男性看護師を必要としているのが、精神科です。特に重症度の高い患者のための病棟になると、スタッフの看護師のうち、ほとんど全員が男性ということケースもあります。

seisin2

理由は?

その理由は至って単純です。

体を張って仕事をすることが多いから。女性では務まらない

ということです。

こういったところでは、患者につかまれる、飛びかかかってこられる、殴りかかられる、といったことがしばしば起こります。

これはなにも病院側に問題があるのではありません。患者の病気の特徴として、どうしてもありえることです。

おとなしくしていたと思ったら、急に暴れだした。どうやら幻聴が聞こえ始めたのがきっかけらしい……なんてことがあるのです。

身を守るための備えも必要

精神科の多くは、新しく入った看護師に、柔道の技を習わせるぐらいです。

特に必要となるのは、抑え技です。

「襲い掛かられた時に、それを押さえこむ」「薬を投与したり、注射をするのに、どうしても暴れないようにさせる」といった時に使わざるをえないのです。

また、昼夜が逆転しているような患者、寝ていたのに突発的に行動し始める患者、というのもいます。となると、当然夜中でも対処できるようなタフさも必要です。

こういった環境で頼りにできるのは、どうしても男性になってしまうのです。

だからといって、体力・腕力さえあれば務まるわけではない……というのが、精神科の看護師の難しいところです。

その一方で、ちょっとした一言や態度で、患者さんが大きなダメージを受けてしまうことだってあります。

神経の細やかさも同時に要求されます。

≫≫精神科に転職するポイントとオススメの転職支援サービスはここ!

seisin2

精神科看護師で働く!役割・特徴・業務内容。転職前にわかる業界おまとめ

人気サイトPICKUP

ナース人材バンク



看護のお仕事



マイナビ看護師





看護師で年収1000万にいくにはこれ!高収入のナース転職のポイント

看護師の年収が高い診療科は?(上位7位)

看護師さんはこんな病院に転職してはいけない!怪しいブラック病院の見分け方

ブランク明けの復職看護師さんにオススメの診療科はどこ?

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ