准看護師は正看護師と業務内容は何が違うのか?

そもそも正看護師と准看護師の違いとは?

正看護師になるためには資格が必要で、これは国家資格に該当しています。

一方、准看護師も資格が必要になる点は同じなのですが准看護師の資格は国家資格ではありません。各都道府県の知事によって免許が交付され、その意味では大きな違いがあります。

当然国家資格の方が上だと考えられていますので、准看護師は基本的に医師や正看護師からの指示がなければ具体的な対応をすることができないのです。これは同じ看護師としてかなりの違いと言えるでしょう。

具体的な仕事内容の違いは?

実は正看護師と准看護師の仕事内容にそれほどの違いはありません。患者の様子を見ながら健康管理や完治までのサポートをするという点ではまったく同じだと考えていいでしょう。

ただ、准看護師は正看護師や医師の指示に従うことがしかできませんし、病院によっては正看護師のサポートに徹する場合もあります。正看護師も医師の指示で動くのは同じなのですが、それだけでなく自分の判断で必要と思われる処置をしたり、逆に医師に提案をしたりすることもできます。

こうしたことは准看護師にはできませんので、仕事内容が違うというよりは立場や発言力が違うという方が適切かもしれません。より主体的に仕事をしたいなら准看護師よりも正看護師ということになります。

責任の有無

准看護師は指示を受けて対応をすることになりますので、その結果なんらかのトラブルが発生したとしても責任を取ることは普通ありません。 指示を出した医師、もしくは正看護師に責任があるとされるからです。これは准看護師の大きな特徴になるでしょう。

責任を負う必要がないから楽な仕事、とは言えませんし実際の現場では責任を持った対応が求められるわけですが正看護師と比較してできることも給料も少ない分、責任という意味での負担が減らされている仕組みです。

これは正看護師と准看護師のもっとも大きな違いと言えるでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ