クリニックに勤める看護師に必要な資質は?コミュニケーション力はやっぱり大事

患者に話し掛ける看護師

クリニックに看護師として勤める場合、

成功のカギを握るのは、「人間関係」です。

これは、クリニック内のスタッフとの間のものもありますし、訪れる患者さんとの間のものもあります。両方大事です。

その人間関係を円滑にするために必要になるのが、「コミュニケーション力」です。クリニックで働くには特に、人とコミュニケーションが上手な人が向いています。

性格も社交的な人が採用でもやはり強いです。

※クリニックで働くために、必要なスキルについては⇒必要なスキルはどれくらい?

コミュニケーション力は大きな病院に勤めていても必要です。クリニックの場合、人間関係が密な分、より大事になってきます。

仕事仲間、同僚としっかりコミュニケーション

まず、スタッフとの間を考えてみましょう。

クリニックの多くは医師本人が経営しています。また、看護師も全部で2人か3人ところが大半です。もちろん、転勤も異動もありません。

相手が退職でもしない限り、その少ない数の人とずっといっしょに働くことになります。

これにはメリットとデメリットの両面があります。うまくいけば「気心の知れた相手と以心伝心で働くことができる」ということになります。

逆に「相性が合わない」「相手の機嫌を損ねてしまった」となると、最悪です。逃れるところがありません。

人間関係のトラブルが起きたり、起こりそうになる時に出番となるのが、コミュニケーション力なのです。

患者さんとしっかりコミュニケーション

次に患者との間です。

クリニックとは、「街のお医者さん」です。特に地方の内科医や小児科はそうです。来る患者さんはご近所の方ばかりでしょう。そのクリニックを「掛かりつけ」にしている人もいます。

何年も勤めていると、「子どもの時から診てもらっている」とか「お母さんやお父さんも診てもらっていた」なんて患者さんも出てくるでしょう。

顔見知りになって、「今日はどうしたの?」なんて声を掛けるような相手だってできるでしょう。

つまり、近所づきあいに近いような関係になります。当然、親しみを感じ、信頼してもらえるような存在にならなければなりません。それにはやはり、コミュニケーション力に頼るところが大きいのです。

また、どの世界でも最近大きな問題になっているのが、クレーマーの存在です。当然、クリニックの患者さんの中にも、そう呼ばざるをえない人もいるでしょう。

こういった人たちの応対に当たるような場面だって、クリニックの看護師にはあるのです。それをうまく処理するにも、やはりカギとなるのはコミュニケーション力です。

≫≫クリニック看護師で働きたい!求人探しで失敗しない、転職を成功させるポイントはこちら!

 

人気サイトPICKUP

ナース人材バンク



ナースフル



マイナビ看護師





看護師で年収1000万にいくにはこれ!高収入のナース転職のポイント

看護師の年収が高い診療科は?(上位7位)

看護師さんはこんな病院に転職してはいけない!怪しいブラック病院の見分け方

ブランク明けの復職看護師さんにオススメの診療科はどこ?

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ