保育園の看護師の実態は?意外と大変ってほんとうなの?

折り鶴を手に持つ女の子

保育園看護師はまだ新しい

保育園看護師の制度は、2007年に定められたものです。

しかも、「保育園に看護師を置く」というのは、義務付けられたものではありません。園児の数に従って、「努力目標」だったり、「必要」とされている状態です。

都会の保育園では広まってきていますが、地方ではまだまだです。

それもあって、「あまり保育園看護師の役割についての理解が広まっていない」というのが現状です。

一緒に働く保育士との役割分担も、その保育園ごとに様々です。

hoiku2

看護師の仕事内容があいまい

保育園の経営者や保育士の中には、独立した専門職とは考えず、保育補助の人員ぐらいに考えている人もいるようです。

その結果、「看護師としての役割が十分にできない。やたら雑用ばかり回ってくる。とにかく忙しい」ということで悩んでいる人もいます。

「看護師の役割」とは、たとえば……

「子どもたちと一緒にお遊戯をしたり、運動したり、食事の世話をする」ということを通して、健康状態を把握する

……といったものがあります。

なのに、「子どもの世話ばかりが忙しくて、肝心の健康状態のチェックにまで手が回らない」といったことなってしまうのです。

保護者との付き合い

ほかに苦労する人が多いのは、保護者との付き合いです。中には、その保護者が子どもとの接し方や、社会性に問題のあるような場合だってあります。

迎えに来るのを平気で遅れる人もいるそうです。仕事の役目と善意から、健康についてのアドバイスをしても、受け入れてくれないようなこともあります。

相手の一言で傷ついて、自信をなくしてしまうような看護師もいます。

一人勤務で多忙

また、勤務する看護師が複数いるのはよほど大きな保育園だけです。ほとんどのところで、1人だけです。

となると、相談する仲間の看護師もいません。全て自分が切り回すことになります。

こういったことを考えると、「小さい子供を相手にするのだから、楽しいだろう」だけでは済まないことが分かります。

園長や保育士、保護者など、大人を相手にしたコミュニケーションがとれるような人でないと、苦労をしがちです。

≫≫保育園看護師に転職するポイントとオススメの転職支援サービスはここ!

人気サイトPICKUP

マイナビ看護師



看護のお仕事



ナースフル





看護師で年収1000万にいくにはこれ!高収入のナース転職のポイント

看護師の年収が高い診療科は?(上位7位)

看護師さんはこんな病院に転職してはいけない!怪しいブラック病院の見分け方

ブランク明けの復職看護師さんにオススメの診療科はどこ?

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ