手術室看護師(オペ看) のやりがいってどんなこと?

0098n

1.手術室看護師の満足感は独特?

看護師のやりがいの基礎となる部分には、「病気で苦しんでいる患者さんの役に立った」「病気を治したり、命を救うのに自分も加わった」ということがあるでしょう。

もちろん、「女性の職業としてはお給料がいい」「国家資格に裏付けされた、しっかりとした職業」なども魅力です。

ですが、患者さんとの関係を抜きに、看護師のやりがいを語ることはできません。これはほとんどの診療科や配属先で共通するはずです。

しかし、手術室看護師(オペ室看護師)は、その仕事や役割が特殊な分、その実感の持ち方が違います。

2.一般の看護師の場合

例えば病棟の勤務の看護師さんが、「看護師になってよかったと思う瞬間」として挙げる

・患者さんが元気になって退院していく時

・毎日様子を見ていて、患者さんがだんだん良くなっていくのが分かる

・患者さんから、「ありがとう」「担当があなたでよかった」などといわれる

といった場面に立ち会うことはありません。

3.患者さんとはやや遠い

患者さんと接するのは、間接介助(外回り)での「術前訪問」か、手術室の中だけです。

術前訪問は、特別な事情がない限り、短い時間の一回限りで済んでしまいます。

手術室では患者さんには入ってきてすぐに麻酔がかけられてしまいます。全身麻酔ならばそのまま眠ってしまいますし、局所麻酔などで意識があっても、話をするような余裕はありません。

4.高いスキルに満足感

そのため、手術室看護師が「やりがい」「なってよかったと思う瞬間」は、どちらかというと自分のテクニック的なものが多くなってきます。

たとえば

・難しい手術をミスなく終えた

・器械出しの能力が上がった

・予想外に症状が重く、大量出血などのトラブルもあったが、いい形で切り抜けた

・最先端の医療技術を用いた手術に自分も参加した

などです。

また

・執刀医から、「器械出しがスムーズにできるようになったね」といわれた

・先輩の看護師が「あなたの目配り・気配りは素晴らしい」といってくれた

といったように、病院内のスタッフからの評価をやりがいにしているような人も、ほかの診療科・配属先よりも多いようです。

5.チームならではのやりがい

これには「患者さんとの交流が少ない分、スタッフの方に関心が向く」という面もあるでしょう。ですが、それだけではありません。

ひとつの手術には執刀医、介助医(助手)、麻酔医、 臨床工学技士、看護師など大勢のスタッフがひとつのチームを組んでかかわります。

大きい手術・難しい手術になると、その分、介助医や看護師の数も増えます。

これらの人たちが、執刀医の指揮にしたがい、協力しあいながら手術を進めていきます。

いわゆる「チーム医療」で、しかもその典型です。

執刀医などスタッフからの評価は、「そのチームの一員として自分も活躍できたかどうか」ということのチェックになるのです。

言い換えると、「手術室看護師は、チームの一員としてのやりがいや満足感、達成感も持てる」ということになります。

6.一番重要性を感じる

また、ほとんどの患者さんにとって、手術は入院生活や一連の治療の中で、最も危機に面する場面であり、回復できるかどうかのカギとなります。

「そういった最も重要な場面に、自分が加わって、力を発揮している」というは、ほかの診療科などではなかなか味わいにくいやりがいです。

≫≫手術室看護師で働きたい!求人探しで失敗しない、転職を成功させるポイントはこちら!

手術室看護師で働く!役割・仕事内容・給料手当。転職前にわかる業界おまとめ

人気サイトPICKUP

ナース人材バンク



看護のお仕事



マイナビ看護師





看護師で年収1000万にいくにはこれ!高収入のナース転職のポイント

看護師の年収が高い診療科は?(上位7位)

看護師さんはこんな病院に転職してはいけない!怪しいブラック病院の見分け方

ブランク明けの復職看護師さんにオススメの診療科はどこ?

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ