夜勤のみの看護師の職場・科にはどこがあるか?

夜勤で働きたいたいならこの診療科

夜勤のみの職場は、リハビリテーション科や循環器科、神経内科、内科などが挙げられます。

看護師の仕事は、交代制が一般的ですが、人によっては昼間の勤務ができない人もいます。 そういった方の多くは、みなさん夜勤のみのお仕事をしています。

そして、最近ではこの夜勤のみのお仕事を希望する方が増えています。

夜勤のみのお仕事のメリットとデメリットをキチンと知って置きましょう。

メリット

まず、メリットは夜勤手当がつく点、お仕事が探しやすい点、まとまった時間を取れる点です。 1回の夜勤につき夜勤手当がつくので、勤務日数が少なくても、ある程度の収入を得ることができます。

一般的に月の夜勤回数は9回までとなっていますが、9回フルに出勤するだけで、生活できるだけの収入を確保できます。

そして、どの病院も夜勤をしてくれる看護師が減少傾向にあるので、お仕事を探しやすいというメリットがあります。 また、夜勤明けの翌日は休日となるので、上手くその時間を利用することで、2日分の休みを楽しめます。

 

デメリット

このようなメリットがある一方、生活リズムが乱れる、家庭があると仕事ができない、といったデメリットがあります。

夜勤の場合、不規則な生活になってしまうため、生活リズムが乱れてしまいます。 そのため、夜勤のみのをお仕事をしている人は、体調を壊しやすいです。

また、小さな子供がいる人の場合、子供を預けることができないため、夜勤をしたくてもできません。 夜勤のみのお仕事を希望している方は、このようなメリットとデメリットを理解した上でお仕事を探しましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ