看護師の離職率の高い職場に多い原因とは

看護師の離職率が高い職場は様々な原因が考えられます。
特に地方で多いのが慢性的な人材不足に陥っているため、しわ寄せが全て現職の看護師に降り掛かってくるため、あまりの労働条件の悪さに限界が来て辞めてしまうケースです。

入院設備の整った医療機関では定期的に夜勤のシフトに入るため、家族がいる看護師にとってはかなり大きな負担になります。

どうしても夜勤が難しい場合は日勤のみに対応できる他の職場への転職を考える方が多いです。
日勤でも残業が多ければあまり意味がありません。

思うように休暇が取得できないほど忙しい日々を過ごすくらいなら、いっそのこと辞めた方が楽になるとして完全に離職する方がたくさんいます。

労働条件が良くない職場は、どうしても離職率が高くなる傾向があります。

看護師への待遇の悪さも原因になります。
他の職種に比べると看護師は高収入を得やすいと言われています。

同世代の女性同士で比較してみると圧倒的に看護師の給料が高いはずです。
確かに金額としては高いかもしれませんが、仕事の内容に見合っていないと思っている方は全く納得していません。

福利厚生もほとんど用意してくれない職場は不満しか残らないため、躊躇なく離職を決意できます。

職場の中で派閥問題やイジメが横行している等の人間関係の悪さを感じて我慢できなくなる方もいます。

仕事の関係上ピリピリした雰囲気になる場合も時にはあってもおかしくありませんが、常に張り詰めた空気の中で仕事に従事するのはさすがに厳しいと感じる方が多いです。

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ