看護師の離職の理由に多いもの

看護師が離職する理由は色々な事情がありますが、特に多いのは家庭の事情です。
看護師として仕事に従事する人は女性が大半を占めているため、家庭との両立が難しくなって離職に至るケースが多いです。

家庭の事情の離職理由として多いのは妊娠、出産、育児でどれも子育てがきっかけになっています。

産休を取得して出産後1年くらいで復職する方もいますが、子育てに専念したいとしてそのまま離職する方が圧倒的に多いです。

看護師の職場は今のところたくさん存在しているため、その気になればいつでも再就職ができると、復職するにも焦る必要がないと考えている方が多くいるようです。
結婚をきっかけに離職する方は配偶者の勤務先が遠方にあるという理由が多く聞かれます。
中には親族の介護を理由にして離職を決意する方もいます。

スキルアップを目指して離職する方も意外と多いです。
例えば現在は小さな医療機関で仕事に従事している方が大きな医療機関に転職して看護師としての経験を積みスキルアップしたいと考えています。

実績を重ねるほど待遇アップにも繋がるため、向上心のある方は迷わずに離職を決意するそうです。

過酷な労働環境が原因で看護師として仕事を続ける自信を喪失したり、体調を悪化させて離職する方もいます。

時には患者さんの命に関わる大切な業務をこなしたり、定期的に夜勤がある度に不規則な生活スタイルが続いて体を壊す方も多くいます。

この場合は、精神的にも肉体的にもボロボロになるまで仕事をしているのに、きちんと待遇を考えてくれない職場に嫌気がさして離職するそうです。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ